「仲良し夫婦」と「おしどり夫婦」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仲良し夫婦」と「おしどり夫婦」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仲良し夫婦」「おしどり夫婦」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仲良し夫婦」とは?

「仲良し夫婦」の意味と使い方について紹介します。

「仲良し夫婦」の意味

「仲良し夫婦」「なかよしふうふ」と読みます。

意味は「お互いを認め合い、良好な関係を築いている夫婦のこと」です。

「仲良し夫婦」の使い方

「仲良し夫婦」は、お互いを必要としていて、一緒に支え合いながら良好な関係を築いている夫婦のことを言います。

相性が良く、二人で一緒にいる時間を同じ位楽しめます。

言いたことがあればきちんと意思表示して、お互いの意見を尊重できます。

喧嘩しても自分の態度を反省してお互い歩み寄ろうとするので、仲直りも早く、喧嘩する程絆が強くなるのです。

但し、「仲が良い」というのは一緒にる時に良い関係を築けるということであり、中にはお互いのプライベートを尊重して、別行動を取ることが多い夫婦もいます。

「おしどり夫婦」とは?

「おしどり夫婦」の意味と使い方について紹介します。

「おしどり夫婦」の意味

「おしどり夫婦」は、「仲が良く、いつも一緒にいる夫婦のこと」です。

「おしどり夫婦」の使い方

「おしどり夫婦」は、夫婦仲が良いだけではなく、いつも2人一緒に行動することを言います。

「おしどり」は、つがいになるとオスとメスが常に寄り添い、一緒に泳いでいることから「仲の良い夫婦」のたとえとして使われているのです。

どちらかが行くところにもう一人が必ず付いて来て、特に会話しなくても心が通じ合っているのです。

「仲良し夫婦」と「おしどり夫婦」の違い!

「仲良し夫婦」「お互いを認め合い、良好な関係を築いている夫婦のこと」です。

「おしどり夫婦」「仲が良く、いつも一緒にいる夫婦のこと」です。

まとめ

今回は「仲良し夫婦」「おしどり夫婦」の違いをお伝えしました。

「仲良し夫婦は夫婦仲が良い」「おしどり夫婦はいつも一緒にいる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典