スポンサーリンク

「仲間」と「友達」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仲間」と「友達」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仲間」「友達」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仲間」とは?

「仲間」の意味は以下の通りです。

1つ目は「一緒にある行動をする関係」という意味で、同じ目的を持って行動する間柄のことを言います。

2つ目は「職業や地位などが同じ関係」という意味で、社会的に同じカテゴリに入る間柄のことを言います。

3つ目は「同じ種類のもの」という意味で、動物学的に類別される関係のことを言います。

4つ目は「商工業者の組合」という意味で、同業者が集まって作る組合のことを言います。

上記に共通するのは「お互い助け合う関係」という意味です。

「仲間」の使い方

「仲間」「一緒にある行動をする関係」「職業や地位などが同じ関係」「同じ種類のもの」「商工業者の組合」という意味で使われます。

名詞・経緯用動詞として「仲間だ・である」と使われたり、「仲間意識」「仲間同士」など他の言葉と組み合わせて使われます。

基本的に、お互い目的や価値観、種別などが同じで、助け合う関係に対して使われる言葉です。

「友達」とは?

「友達」の意味は以下の通りです。

1つ目は「お互いに心を許し合っている関係」という意味で、遠慮せずに言いたいことを言える間柄のことを言います。

2つ目は「親しく付き合い、一緒に遊べる関係」という意味で、気が合っていて一緒におしゃべりしたり食事に出かけたりなど、楽しく付き合える間柄を言います。

上記に共通するのは「一緒にいて楽しい関係」という意味です。

「友達」の使い方

「友達」「お互いに心を許し合っている関係」「親しく付き合い、一緒に遊べる関係」という意味で着か使われます。

名詞・形容動詞として「友達だ・である」と使われたり、「遊び友達」「飲み友達」など動詞の連用形と組み合わせて使われたりします。

基本的に、立場に関係なく相性が良くて、一緒にいて楽しく過ごせる関係に対して使われる言葉です。

「仲間」と「友達」の違い

「仲間」「同じ種類や目的で助け合う関係」という意味です。

「友達」「相性が良くて楽しく付き合える関係」という意味です。

「仲間」の例文

・『彼は学生時代に部活を通して多くの仲間と出会った』

・『物書き仲間が集まると、話がくどくていつの間にか論争が始まる』

・『ペンギンがまさか鳥の仲間だと知らなかった』

・『オタクは仲間意識が強くてSNSで数多くつながっている』

「友達」の例文

・『今年に入って趣味のサークルに入ったら友達が増えた』

・『彼女は学生時代からのずっと付き合っている遊び友達です』

・『昔から悩みを相談できる友達が一人もいないのが悩みだった』

・『会社で怖いと思っていた先輩が友達の友達だと知って驚いた』

まとめ

今回は「仲間」「友達」について紹介しました。

「仲間」「同じ目的で助け合う関係」「友達」「相性が良くて楽しく付き合える関係」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典