スポンサーリンク

「企て」と「企み」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「企て」と「企み」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ漢字を使っていても、中身のちがう言葉もあります。

この記事では、「企て」「企み」の違いを分かりやすく説明していきます。

迷いやすい言葉を、ひとつずつ理解していきましょう。

スポンサーリンク

「企て」とは?

企て(くわだて)とは、計画やプランのこと。

作戦を練ったり手立てを考えたり、色々と知恵をしぼることです。

もともと企ての「企」という漢字には、計画を立てる・良いことが起こるように願うという意味があります。

ラッキーな出来事を期待して取り計らうのが「企て」なのです。

ただ「企て」は、もう済んでしまったこと。

過去のことについて、述べる方が多い言葉です。

良いことを期待して準備したのに、あえなく失敗してしまったときに用いられます。

例えるのなら、まさに絵に描いたような餅のことです。

使い方の例として「テロを企てた容疑で、逮捕された」「彼の企ては、失敗に終わった」などがあります。

日常生活ではあまり良い例えとしては用いられないので、注意しておきましょう。

「企み」とは?

企み(たくらみ)とは、くわだてのこと。

計画そのものを指しています。

物事がうまく進むように、前もって策略を立てておくことです。

こちらも「企」という漢字が、主役になっている言葉です。

「企」には計画を立てるのほか、悪事をおこなうという意味もあります。

つまり第三者から見て「あまり良くないことを計画している」のが「企み」

いい計画ではなく、どちらかといえば悪い計画のことを「企み」といっています。

使い方の例としては「家来の企みを、いとも簡単に見破った」「ずる賢い彼は、いつもあくどい企みをしている」などがあります。

褒められる行動ではない悪しき振る舞いや、妙なくわだてに用いられる言葉です。

「企て」と「企み」の違い

「て」「み」の違いですが、使い分けに迷うこともあります。

「企て」「企み」の違いを、分かりやすく解説します。

・読み方の違い

どちらも「企画」をあらわす「企」という漢字がついています。

「企て」「くわだて」

「企み」「たくらみ」です。

それぞれ「たくだて」「くわだみ」とは読まないので、しっかり内容を落とし込んでいきましょう。

また「企て」「企み」はどちらも計画・策略をあらわします。

ただ悪意がこもっているのは「企み」

「企て」は単純に準備することですが「企み」に変化すると、悪いニュアンスがさらに強まります。

密かなくわだて、悪いはかりごとに用いられます。

どちらも同じように見えますが、少しだけ差を意識してあげるとより自然な日本語になります。

まとめ

「企て」「企み」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「計画を立てる」という意味で用いられます。

準備をしたものの不発に終わったとき、失敗したときに用いる言葉です。

どちらも同じように使えますが「企み」には「悪だくみ」という訳もあるので、より不快な気持ちがこもっているのは「企み」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典