スポンサーリンク

「会合」と「会議」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会合」と「会議」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事や仲間内で話をするために集まる時には「会合」「会議」を使います。

どちらも似ている意味を持つのですが、異なる点もあるので気を付けましょう。

この記事では、「会合」「会議」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会合」とは?

「会合」とは人が集まることを表す言葉であり、その目的は色々なものがあります。

単純な会話や話をする目的や、ちょっとした打ち合わせの目的、集会、飲み会など色々な集まりに対して使われます。

「会合」は幅広い使い方をすることが可能であり、カジュアルな話し合いのために集まることもあればミーティングのような本格的な集まりに対しても使うことが可能です。

目的は色々なものがありますが、「会合」は基本的に集まるという意味が中心となっています。

「会合」はもっとカジュアルなものだとパーティーや飲み会などにも使うことが可能であり、会話をしたり目的を共有し合うなど色々なことをします。

「会議」とは?

「会議」とは話し合いをすることで色々な項目を決定することや、議論することであり仕事など色々な場面で使われる言葉です。

実際に集まるだけではなくそこで議論することが目的であり、これをしない場合にはただの集会になってしまいます。

「会議」は仕事や研究など真面目な場面で使われる言葉であり、ミーティングよりもさらに重い意味合いがあります。

「会議」は単純に話し合うだけではなく色々な事項を決定することや、議論を交わして考えを深め合うこともするのでビジネスの場では欠かせない存在となっています。

「会議」に関してはこの進行をスムーズにするための「会議室」を設けている会社も多く存在します。

最近はリモートワークで「テレビ会議」の利用が増えてきましたが、こちらも画面越しに顔を合わせて会議するものであり、様々な技術を使うことで新しい働き方として注目されています。

「会合」と「会議」の違い

「会合」は何かの目的のためにとりあえず集まることを意味する言葉であり、大体の場合は会話するために集まることが多いのが特徴です。

「会議」は実際に集まって議論や話し合いをするという意味の言葉で、ビジネスや研究の場では非常に大切なものとなっています。

「会合」の例文

・『会合と称しているが、実際はただの飲み会であり気分がリフレッシュした』
・『予定のすり合わせをするために会合を開いた』

「会議」の例文

・『国際会議の場で現在の地球に関する問題が発表され、多くの意見が交換された』
・『会議室は厳重な雰囲気に包まれており、発表している最中は手が震えていた』

まとめ

「会合」は集まることが目的であり、「会議」は議論や話し合いをすることが目的となっています。

「会合」はミーティングなど軽いものから色々な場面で使えます。

「会議」はビジネスの場面や真面目な話をする際に使えますが、「会合」が次第に真面目になり「会議」になることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典