スポンサーリンク

「会話が噛み合う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会話が噛み合う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会話が噛み合う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会話が噛み合う」とは?意味

「会話がかみ合う」は、歯車がかみ合うというように、会話自体がうまく成立しており、両者が円滑にも会話を交わすことです。

その為、会話がかみ合わないというのは、どちらかが会話を聞き返したり、そもそも、お話の内容をどちらかに合わせないことを意味し、「会話がかみ合う」は会話がかみ合わないの反対であると言えます。

「会話が噛み合う」の概要

「会話が噛み合う」の噛み合うですが、噛み合うという表現は両者が互いに存在することで成立し、かつ両者のどちらかが欠けた場合、成立しません。

何故なら、合うという言葉があるように2つの物があって成立するのが噛み合うであるため、このケースは、会話というお互いが話し合うことが無いと成立しません。

何故なら、一人で会話をして一人で話が成立したものを会話が噛みあうとした場合、合わせる側は第3者ではなく自分であるため、両者という根本が無くなるのです。

その為、「会話が噛みあう」は必ず、両者がいて成立し、かつ両者が納得してないと成立しません。

「会話が噛み合う」の言葉の使い方や使われ方

「会話が噛み合う」は、お互いが話をして両者が納得している状況をどうであるかを述べる場合、「会話が噛みあう」という言葉を使用します。

逆に、両者が納得できない、もしくはどちらかが話をすり替えており話が成立しない場合は、「会話が噛みあわない」という言葉を使用します。

「会話が噛み合う」を使った例文

・『彼とは会話が噛みあうかどうか全く自信が無い』
この例は、彼という対象者に対し、うまい具合に会話を成立させ、お互いを納得させて物事を進ませるだけの自信がないという意味です。

「会話が噛み合う」は、お互いが納得したうえで円滑に物事が進まなければならず、両者が自己主張ばかりをしたりしてひかない場合、会話が成立せず、このケースではそうした会話が成立しないことを意味しています。

まとめ

「会話が噛み合う」とは、いわば、歯車のような物で、一つがうまくかみ合わないと全体が壊れてしまい、すべてが崩壊してしまうのです。

その為、「会話が噛み合う」というのは、見かけ上、物事がうまくいくようどちらかが身を引いていても成立しますが、この状態は実はあまり好ましくなく、その理由は、いずれ身を引いている側が嫌気を指してくると途端に、すべてが崩壊するどころか、嫌気を見せた人物が自らすべてを壊す方向に話を持っていくため、実のところ、「会話が噛みあう」においては対象と自分の両者が納得する必要性がかなり重要です。

これは時計も同じで、一つの歯車に集中的に力が加わりり、時計のすべてを動かしているとした場合、一つの歯車が消し飛べばすべてが動かなくなる上に、その歯車が別の歯車を攻撃することも考えられ、まさに上記で説明したことが起きてしまいます。

すなわち、「会話が噛み合う」とは、両者が妥協点を見つけることが重要でそれを怠るとどちらかを傷つけるだけで終わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典