スポンサーリンク

「会長」と「頭取」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会長」と「頭取」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会長」「頭取」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会長」とは?

会長とは、かいちょうという読み方をすべき言葉です。

漢字で表記されたこの言葉を目にすれば即座に理解出来るでしょうが、ある目的のために多くの人が集まる事や集まりといった意味の会の漢字に、一番上に位置する者とかかしらといった意味がある長の漢字を付け足す事で成立している言葉となっています。

だからこそ会長は、会社で社長の上に置かれる役職だったり、会や団体の仕事を統括して代表する人を表すのです。

「会長」の使い方

会長は、会社で社長の上の役職だったり、元社長の名誉職として存在する役職を表す際に用いられる事が多い言葉となっています。

なのでビジネスシーンでは、見聞きする事が少なくない言葉です。

更に他にも団体や会を代表する人を表す際に、この会長という言葉が使われていたりします。

「頭取」とは?

頭取とは、とうどりという読み方をする言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば一目瞭然ですが、上に立つ人とかトップ、あたまといった意味を有する頭の字に、とるとか手に入れる等の意味を有する取の字を加える事により生まれた言葉となっています。

そのため頭取は、銀行の首席の取締役や集団の頭を意味しているのです。

「頭取」の使い方

頭取は主に、銀行で1番上の取締役を表す際に積極的に使われている言葉となっています。

つまり都市銀行や地方銀行における代表取締役、企業で言う所の社長を表す際にこの頭取という言葉が用いられているのです。

頭取という存在は、銀行の経営の舵を握っている人間であるだけに、役割としても一般企業の社長と同じだったりします。

「会長」と「頭取」の違い

会長と頭取の文字を見比べれば直ぐに、使われている字も読み方も特に似ている訳ではない事に気付くはずです。

ただしどちらも、経営の舵をとる様な上の立場の人間を表す言葉同士なので、混同してしまう部分はあったりします。

もっとも会長は、会社で社長の上に置かれる1番上の役職だったり、社長を退いた人が就く名誉職を表す言葉です。

一方の頭取は基本的に銀行で1番上の取締役、つまり会社で言う所の社長を表す際に、使用される言葉となっています。

あくまで銀行の社長的な立場の人をそう呼ぶだけで、一般企業ではこの頭取という言葉を用いて表現する事はないです。

「会長」の例文

・『うちの会社の社長は退任した直後に、会長に就任しました』
・『私は今度の生徒会の選挙で、生徒会長に立候補するつもりです』

「頭取」の例文

・『新頭取は、異例とも言える出世スピードで駆け上がって来たらしい』

まとめ

会長と頭取は文字だけを比べると、使用されている漢字も全然違う上に読み方も特に似通っている所はありません。

ですが会社や銀行で経営を掌握する様な上の立場の人間を表す言葉同士なので、使い分けの際に悩む人もいます。

ただし会長は、会社で社長の上に置かれる役職だったり、団体を代表する人物を表す際に用いるべき言葉です。

対する頭取は、主に銀行の代表取締役を表す言葉として使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典