「低姿勢」と「腰が低い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「低姿勢」と「腰が低い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「低姿勢」「腰が低い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「低姿勢」とは?

「低姿勢(ていしせい)」とは、「相手に対してへりくだった態度を取ること」「他人に対して愛想よく対応して下手に出ること」を意味している言葉です。

「低姿勢」の表現には、「相手(対象)に対して低い姿勢で構えること」の意味もあります。

例えば、「低姿勢で丁寧な接客を受けることができました」「低姿勢な態度が好印象でした」などの例文で使えます。

「腰が低い」とは?

「腰が低い(こしがひくい)」とは、「相手に対して謙虚な態度を取ること」「他人に対して愛想良く接してへりくだるような性格」を意味している言葉です。

「腰が低い」の表現には、「腰の部分を低い位置にして構えること」の意味合いもあります。

例えば、「友人は誰に対しても腰が低いのです」「腰が低いのであからさまに嫌われることはありません」といった文章で使用されます。

「低姿勢」と「腰が低い」の違い!

「低姿勢」「腰が低い」の違いを、分かりやすく解説します。

「低姿勢」「腰が低い」はどちらも「相手に対して謙虚な態度(へりくだった態度)を取ること」を意味していますが、「低姿勢」「腰が低い」ではそれぞれが使用される文脈・シチュエーションが異なっています。

「低姿勢」「家族・友人・知人など直接の知り合いへの態度や性格的特徴」では使われにくく、「店員・仕事の相手など役割関係がある相手の態度」「下手に出ることで何かを達成する意図のある言動」で使われやすい特徴があります。

「低姿勢」に対して「腰が低い」のほうは、「仕事・役割として謙虚な対応をする」というよりも「人間関係の持ち方の特徴や性格面の特徴」として使われやすい違いを指摘できます。

そのため、「腰の低い接客・友達の低姿勢な性格」よりも「低姿勢な接客・友達の腰が低い性格」のほうが自然な響きがあるのです。

まとめ

「低姿勢」「腰が低い」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「低姿勢」とは「相手に対してへりくだった態度を取ること(友人知人・性格的特徴よりも店員の接客態度などで使われやすい)」「対象に対して低く構えること」を意味していて、「腰が低い」「他人に対して謙虚な対応をすること・とても愛想が良いこと」「腰を低く構えること」を意味している違いがあります。

「低姿勢」「腰が低い」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典