「体制を作る」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「体制を作る」

「体制を作る」というフレーズには「体制」という言葉と「作る」という言葉が使われています。

まずは、それぞれの言葉の意味から理解していきましょう。

体制

体制には大きく分けて5つの意味があります。

1つ目は、物事の色々な部分が統一的に組織されてある一つの全体を形づくっている状態のことです。

経営体制という言葉がありますが、これは上記の意味で使われている単語です。

2つ目は、 社会がある一定の原則によって組織だてられている状態のことです。

資本主義体制という言葉がありますが、これは上記の意味で使われている単語です。

3つ目はその時代の社会を支配する権力のことを指す意味です。

4つ目は 詩文の形式・体裁のことを指す意味です。

5つ目は生物体の構造上の基本形式のことを指す意味です。

1つ目、2つ目の言葉の意味では広く使われることが多く「体制を作る」もこれらの意味合いで使わています。

作る

作るの意味は説明する必要はないくらい多くの人がよく使う言葉の一つです。

正しい意味としては、材料などを用いたり、それに手を加えたりして、まとまりのあるものや意味のあるものに仕上げる。

また製造するといった意味を持ちます。

その他にも今まで存在しなかったものを新しく生じさせる等実はたくさんの意味を持つことばなのです。

「体制を作る」の意味

前項では、「体制」「作る」それぞれの言葉の意味を解説しましたがこれらが合わさってできた「体制を作る」はどのような意味を持つフレーズなのでしょうか。

これは、「物事を行うのに適した雰囲気や空気、設備などを準備する」という意味で使われています。

「体制を作る」の言葉の使い方

前項で説明した通り「体制を作る」には物事を行うのに適した環境を作るという意味で使われています。

ですので、よく使われる場面としては、何か新しい物事を始めるための環境づくりとして使われることの多い言葉なのです。

「体制を作る」を使った例文・短文(解釈)

どのような使いかたをするのかは前項の説明でおおよそ理解してもらえたかと思います。

より深く理解するためにこの項では例文を用いて説明していきたいと思います。

「体制を作る」の例文1

「新しい会社を設立するための体制を作るためには、まず人員の確保が必要だ」

上記の例文では新しい会社を設立するにあたり様々な準備があるが、まずは人がいないことにはなにも始まらないという意味を持った例文です。

確かに、パソコンやインターネット環境、オフィスの準備など会社の設立には様々な準備が必要で一人ですべてこなすにはとてもタスクが多すぎます。

ですので、それらのタスクをこなすために人員が必要なのです。

「体制を作る」の例文2

「生まれて半年の赤ちゃんがなかなか寝てくれないので、まずは寝る体制を作ることから始めることにした」

生まれてすぐのあかちゃんは昼夜の区別がつかないためなかなか寝てくれないものです。

また眠たくても寝方がわからなくて寝ぐずりする赤ちゃんもたくさんいるようです。

ですので、夜になると部屋を暗くしてテレビを消すなどの寝る体制を整えてあげて、今が夜であること、寝る時間であること、眠るということを教えてあげる必要があるのです。

「体制を作る」の例文3

「どのような事件にも対応できる体制を作ることが大切だ」

近年には誰もが思いつかないような事件が日々起きています。

ですので警察や救急の方にはどのような事件にも対応できるような体制を作ってもらうことで地域の住民は安心して日々の生活を送ることができます。

このような体制を作ることは中々難しいですが、技術の進歩も進んでいるので様々な技術を駆使しながら万能な体制を作ってもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典