スポンサーリンク

「何回」と「何度」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「何回」と「何度」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「何回」「何度」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「何回」とは?

「何回」とは、どれだけの回数、多くの回数、何度、何遍といった意味となります。

「何回」においては、ある程度の回数にわたり、同じことを繰り返している意味もあり、「何回も」となると、物事のはじめと終わりが明確なものに対し使用することが多くなります。

「何回」の例文

・その話は何回も聞きました。

・何回見ても面白い映画です。

・何回も試した結果。

・何回、そこに行きましたか。

・何回も頑張って起き上がろうとしている。

「何度」とは?

「何度」とは、「何回」と同様、どれだけの回数、多くの回数、何回といった意味となります。

また、はっきりしなくてわからない温度や角度の場合も用います。

「何度も」においても、ある程度の回数にわたり、同じことを繰り返している意味もあり、「何度も」になると、物事のはじめと終わりが明確ではないものに対し使用することが多くなります。

「何度」の例文

・何度でも挑戦するつもりです。

・何度も考えた結果、復帰することにしました。

・何度やってもできない悔しさ。

・何度も立ち上がる強さ。

・何度も自分自身を責めてしまう。

「何回」と「何度」の違い

英語の場合、基本的に「何回」「何度」も同じ「many times」を用いられることが多くなります。

そのため、英語の場合、この両者には大きな違いはありません。

しかし、日本語となると少し異なった意味となる「何回」「何度」

どちらも、回数を示す言葉になるものの、そのあとにつく言葉によって、意味が多少、異なってきます。

「何回も」「何度も」とでは、使用する場面や意味合いが異なります。

「何回も」は、決まった手順がある場合や物事のはじめと終わりが明確である場合に使用するのに対して、「何度も」は、決まった手順がなく、物事のはじめと終わりも明確ではない場合に使用します。

「何回も」の場合は、「何回も遊園地に行ったことがある」といったように、遊園地に行った回数を1回、2回と明確に数えることができるのに対し、「何度も」の場合は、「何度、頑張ってもできない」と頑張るということを明確に数えることは難しくなります。

また、「何回」に比べ「何度」のほうがあらたまった、より固い表現として使用することとなります。

まとめ

以上が、「何回」「何度」の違いです。

同じ回数を数える際に使用する言葉ですが、「何回」の場合、数えることができるものを対象に用いられる事が多いのに対し、「何度」は、同じ回数を数える言葉としても、数えることが難しい抽象的なものに対し用いることが多くなります。

そのため、「何回」「何度」の使い分けに迷った際には、その行為に対し明確な手順があるのか、また、明確に回数を数えることができるのか考え、そのうえで、「何回」「何度」の使い分けを検討されることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典