「何気なく」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「何気なく」

普段過ごす中で特別なことばかりではなく、ありふれたこともたくさんあります。

むしろ後者の方が多くありますが、意識して気にすることも少ないため、「何気なく」という言葉を使う機会は多いです。

「何気なく」という言葉は死語尾でもプライベートでも使われる機会は多いです。

その分間違えて使ってしまったり、意味を誤って理解していると恥をかくこともあるため、正しい意味と使い方を理解しておく必要があります。

「何気なく」の意味

「何気なく」という言葉は「何気ない」という言葉の連用形として扱われています。

その意味として事象に対して特別な意味や意図はない・気にもとめていないという意味を持ちます。

事象についても人や物・行動など様々な物が対象となります。

そしてその事象に対して無自覚のうちに何かの影響を与えていることを意味します。

基本的には無自覚のため「気づかないうちに」と言うことが前提の意味として含まれます。

「何気なく」の言葉の使い方

「何気なく」という言葉はとても日常的に使われる言葉です。

その使い方の多くは人に対して使われます。

誰かの行動に対して「あの人は何気なく〜している」と無意識にしていることを表すように使われます。

他者に使う機会としては相手が無意識で日常的にしている行動を伝える時に使われることが多いです。

自分に対して使うときは無意識で行っていることを話すときに使うことが多いです。

そして一度きりの出来事に対して使うことは少なく、何度も繰り返す・習慣的な行動に対して使われます。

「何気なく」を使った例文・短文(解釈)

「何気なく」という言葉は日常の中でとても使われる頻度が多いです。

そのため使い方を間違えたり意味を間違えていると「常識がない」と認識されかねません。

それを避けるためにも「何気なく」と言う言葉の正しい使い方とその解釈を紹介します。

「何気なく」の例文1

「あの人はいつも何気なく悪口を言ってしまっている。 周りはいつも不満に思っている。 だけど本人に全く自覚がないから余計にたちが悪い」

この場合、相手の人が無自覚のうちに悪口を言ってしまっていることへの不満を語っています。

また自覚がないということに加えて「何気なく」と付け加えることで相手の人はあくまで気づかないうちに行っているということをより強調して表しています。

「何気なく」の例文2

「職場の人について『あの人はいつも何気なく周りをフォローしている。 本人は気にしていないようだけど周りはとても助かっている』とみんなで話した」

この場合、「あの人」とされる人物をほめる意味で使われています。

周りをフォローしていることを表していますが、「何気なく」とつけることで意識しない・さりげなくという様子を伝えています。

「何気なく」の例文3

「お金持ちの友人に対して『あなたはいつも何気なくタクシーを利用しているけど、お金を持っているアピールに見えて嫌なの』と文句を言った」

この場合、相手の普段の行動に対しての苦情を言っています。

日常的にタクシーを使うということは一般的な収入の人にとっては非日常的なことです。

しかしお金持ちの友人はそれが当たり前であり何気ない行動と思っています。

その認識のギャップが不満に思っているため、衝突しています。

「何気なく」の例文4

「なぜかわからないけどあの人が何気なく言うことが心に響くことがある」

この場合、「あの人」とされる人物の普段の行動に対して語っています。

無意識・無自覚のうちに話している言葉が周囲に対して大きな影響を与えていることを意味します。

しかし本人は気づいておらず、周りもなぜ響くかわからないからこそ、「何気なく」という言葉が適応します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典