スポンサーリンク

「余人をもって代え難い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「余人をもって代え難い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「余人をもって代え難い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「余人をもって代え難い」とは?意味

「余人をもって代え難い」は、他人に取って代わってもらうことができないという意味です。

つまり、他人にお仕事などを任せることはできない例えを「余人をもって代え難い」と呼びます。

なお、「余人をもって代え難い」の代え難いの部分を変え難いや替え難いとするのは誤字で、「余人をもって代え難い」は、お仕事などを任せる人を全部取り替えたりすることや配置転換などで別のスタッフを連れてくることではなく、あくまで今現在働いている人に代わる人物がいないことのみを指しています。

「余人をもって代え難い」の概要

「余人をもって代え難い」は、今現在進行形で働いているスタッフに代わる人物がいないということを言っている例絵で、多い間違いがスタッフの総入れ替えをする例えだと思っている方がいることです。

ですが、「余人をもって代え難い」は、総入れ替えを指すことでは無い上、まして暇人を連れてきてスタッフとすることでもありません。

「余人をもって代え難い」の言葉の使い方や使われ方

「余人をもって代え難い」は、今現在働いてくれているスタッフに代わる者はいないことを示すために使用する言葉で今いるスタッフに代わる者は無いということを表現する際に使用します。

「余人をもって代え難い」を使った例文

・『彼はわが社のIT分野に置いては余人をもって代え難い存在です』
この例は、彼という存在がIT分野において他に買われる人物がいないことを強調している例文です。

つまり、彼が抜けた場合、会社のIT技術は大きく衰退するか伸び悩むと言ってよいでしょう。

・『わが社は新人教育を怠っており、古株が抜けてしまうと会社の経営が成り立たないため、古株は、余人をもって代え難いである』
この例は、新人教育を会社が怠っていて古株という現在いる従業員が抜けると経営が成り立たないので、古株に買われる人材はいないと言っています。

ただ、このケースの場合、古株という人物が新人を教育すれば、問題は解決しますが、問題は新人を教育している時間があるかどうかです。

まとめ

「余人をもって代え難い」という言葉は今現在いるスタッフに代わる人物がいないという例えで、今現在働いている人物が抜けた場合、恐らくお仕事は成り立たなくなるでしょう。

この言葉は、そうした意味では今いる優秀なスタッフをつなぎとめる言葉として機能しますが、実のところつなぎ止めれるかどうかは未知数です。

その理由は、スタッフがより良い環境を求めた場合、今現在スタッフが働いている職場側が良い環境、良い賃金を約束できるかという問題です。

その為、そうした環境が用意できないのであれば、第3者の会社にスタッフが移ることも考えられるため、「余人をもって代え難い」という言葉はあくまで、対象となる物が重要なスタッフであることの表現でしかないです。

ですので、尊重すべくは、スタッフ一人一人の環境だったりお給料だったりしますので、「余人をもって代え難い」という言葉で重要な人物だというだけでは人間の心をつなぎとめるのは難しいと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典