スポンサーリンク

「余裕のよっちゃん」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「余裕のよっちゃん」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、余裕のよっちゃんを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

余裕のよっちゃんとは?意味

余裕のよっちゃんとは、余裕がある状態という意味があります。

心に余裕がある状態のときや、朝飯前だと思うほど簡単なことなので大丈夫といった意味合いもある言葉です。

余裕のよっちゃんの概要

余裕のよっちゃんとは、1970年代に流行ったギャグです。

この言葉の語源は、当時流行っていたカットよっちゃんを文字って「よっちゃんイカ」と呼んでいた駄菓子からきています。

原料にイカを使ったこの駄菓子は、子供から中高年世代にまで親しまれていたおつまみ的なお菓子でした。

そのため、幅広い年代にこの言葉が使われるようになります。

最近は上司が部下に向かって余裕である気持ちを伝えるとき「余裕のよっちゃんだよ」と使い、笑いをとることがあります。

若い世代と楽しくメールしようと思う40代、50代の中年世代が使い、部下とのコミュニケーションをとるときに使うわけです。

最近は昭和に流行ったこの余裕のよっちゃんをスタンプにしたものがLINEのサイトで販売しており、若い世代で人気を集めています。

余裕のよっちゃんの言葉の使い方や使われ方

余裕のよっちゃんの使い方は、人から「大丈夫ですか」「できますか」と聞かれたことに対して「余裕があるから大丈夫」という気持ちを楽しく伝えたいときに使う言葉です。

職場では、この言葉の意味を知る同じ世代の人に使えば相手に余裕がある気持ちを楽しく伝えられますし、「できるかな」と心配する部下のその心配を「大丈夫だよ、安心して」と伝えて、解消してあげられる言葉として使えます。

余裕のよっちゃんを使った例文(使用例)

余裕のよっちゃんを使った例文をご紹介します。

・今日中にできるわ、余裕のよっちゃんよ。任せて。

書類がたくさんあるとき、それを全て今日中にコピーしてくれますかと聞かれたときに自分はできると感じる人が使います。

自分にはそのくらいの数はこなせるとわかりやすく伝えたいとき使う言葉です。

・大丈夫、そのくらいは余裕のよっちゃんよ。

ランチまでにこの材料を使って5品作れるかという質問に対して、「そのくらい余裕で作れる」と伝えたいときに使います。

自分は大丈夫としっかり相手に伝えたいときに使いましょう。

・車を飛ばせば会いに行けるよ、余裕のよっちゃん。

もう寝る時間だけど、今から会いに来れるかと彼女に聞かれた彼氏は車を飛ばせば余裕で会いに行けると伝えるときに使う例文です。

心配する彼女に対して男らしく余裕ある気持ちを楽しく伝えて、安心させたいときに使えます。

まとめ

余裕のよっちゃんは、余裕でできると思う気持ちを相手に伝えるときに使う言葉です。

普通に「余裕があるから大丈夫」と伝えるよりも、相手の不安を拭い、安心させたいときに使えます。

仲のいい職場の同僚に対して使ったり、家族や友達の間で使えば頼りがいのある素敵な人との印象を与える言葉になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典