スポンサーリンク

「作家」と「小説家」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「作家」と「小説家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章、特に小説を書くことを生業とする人達を指す言葉として「作家」「小説家」があります。

このふたつは同じ意味で使われることも多いですが本来は全く異なる意味を持つ別の言葉です。

今回は、「作家」「小説家」の違いについてかいせつします。

スポンサーリンク

「作家」とは?

「作家」とは「想像力を発揮し新たな作品を制作する人」を指す言葉です。

「作家」のもともとの意味は「作る人」です。

新しい作品を想像するクリエイティブな行いをする人が「作家」の本来の意味合いです。

現在では主に芸術やアートなど必要に迫られていないものを創りだす人のことをさして「作家」と呼んでいます。

一般的に「作家」が作るものは芸術やアート、趣味など必要不可欠ではないがあると豊かな気持ちになれるものです。

想像力を発揮して新たなものを想像するのが「作家」であり文章や絵画、衣服や建築など芸術性を含むもの全てが対象となります。

特定の分野の制作を手がける人を表すときは「劇作家」「人形作家」「アニメーション作家」など各分野と合わせひとつの肩書として使われます。

分野や種類を付けず「作家」とだけ呼ぶ場合は小説や詩、エッセイなど主に文筆業を専門に手がける人を意味います。

「作家」の使い方

・短編小説で作家デビューする。

・作家になったきっかけは新人賞への応募です。

・もともとは人気作家だったが最近は全く活動していない。

・作家だけあって蔵書量はかなりのものだ。

「小説家」とは?

「小説家」とは「小説を書くことを本業にする人」という意味の言葉です。

「小説家」は小説を書くプロフェッショナルを指す言葉です。

一般的には小説を書くことを仕事にする人、食い扶持を小説を書くことで稼いでいる人という意味で使われますが、小説によって生計を立てているかどうかは必ずしも重要ではありません。

バイトで食いつないでいる売れない人でも自己認識として小説が本業であると考えているならば立派な「小説家」です。

収入の高低ではなく本人にとっての自分の本業によって「小説家」がふさわしい肩書かどうかが変わります。

過去に小説を書いていたが長く執筆活動から離れている人が自らのことを「小説家」とするケースは珍しくありません。

現状の収入ではなく過去の実績や自分自身の希望などがあれば「小説家」と名乗ることに全く問題ありません。

「小説家」の使い方

・小説家にとって作品のための取材活動はとても大切だ。

・新人賞受賞をきっかけに小説家デビューする。

・書店で人気小説家のサイン会が開かれる。

・小説家を目指して文学部を受験する。

「作家」と「小説家」の違い

「作家」が新しい作品を創作する人全般に使える言葉であるのに対し「小説家」は小説を書く人にしか使えない言葉です。

「作家」の中にはさまざまなジャンルが含まれますが「小説家」もその中のひとつです。

「作家」といえば一般的には小説家やノンフィクション作家など文筆業の専門家を指しますが特に小説を書く人に限定する表現として「小説家」が使われています。

まとめ

「作家」「小説家」は全く同じ意味で使われることもありますが性格には異なる対象に使われるべき言葉です。

違いを理解して言葉を正しく使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典