スポンサーリンク

「併願推薦」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「併願推薦」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「併願推薦」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「併願推薦」とは?意味

「併願推薦」とは、「へいがんすいせん」と読みます。

私立高校の入試制度の事を指しており、主に千葉県や埼玉県で採用されています。

「併願推薦」の概要

「併願推薦」とは、主に私立高校の入試制度を指しており、千葉県や埼玉県で採用されています。

中学三年生の時の内申点数が、私立高校各校が独自に定めている点数に達する事ができている場合、推薦合格が与えられるという制度です。

公立高校を受験する際、滑り止めとして私立高校を受験しておく場合に利用されます。

「彼岸推薦」にて、私立高校の合格を受けた状態で、他の第一志望である高校を受験する事ができるため、滑り止めとして活用できます。

ただし「併願推薦」の基準は少し高いものとなっているため、自分の学力レベルより少し低いとされる私立高校を受験する場合が多くなっています。

「併願推薦」の場合でも、普通の入学試験同様、学力試験と面接があります。

しかし、「併願推薦」は面接時に極めて悪い印象を与えたり、あまりに酷い点数を取ったりしない限り基本的に合格できます。

高校入試という人生においてはじめての経験で、この様な悪い態度や全く勉強しずに試験に臨む人は少ないでしょう。

そのため「併願推薦」ではほとんど合格する事ができます。

「併願推薦」の言葉の使い方や使われ方

「併願推薦」は高校入試の制度として使用される言葉です。

自分の学力のレベルより少し低い私立高校を「併願推薦」しておくことで、第一志望を安心して受験するための滑り止めとして活用できます。

どこの学校を対象にするかを選ぶ際の条件として、自分が必ず合格できるであろう学力レベルの私立高校である事、通学に不便が無い学校などの立地面が優先して選択される傾向にあります。

あくまで滑り止めのため、第一志望である公立高校の受験の準備や勉強を第一に考える場合が多いためです。

このように、「併願推薦」は第一志望である公立高校の滑り止めとして活用されている制度だという事になります。

「併願推薦」を使った例文(使用例)

・『目標としている高校のレベルには、私の学力は少し足りないので、万が一の為に併願推薦を受けておこう』
・『第一志望の高校を受験したが、不合格であった。併願推薦で私立を受けておいてよかった』
・『私は必ず第一志望校に合格する気でいるため、併願推薦は受けない』

まとめ

「併願推薦」とは、高校入試の制度のひとつで、第一志望の高校が不合格になった際の滑り止めとして活用されているということが分かりました。

ほとんどの人が初めての試験を経験する「高校受験」において、不合格時のショックは大きいものです。

しかし高校に進学できないというリスクを回避するため、レベルの低い私立高校を「併願推薦」しておくことで、全力で第一志望に挑戦できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典