スポンサーリンク

「信用」と「現物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「信用」と「現物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式取引には色々な方法がありますが、中でも「信用」取引と「現物」取引はよく使われているものであり、一般の人からすると意味が違うものとなります。

この記事では、「信用」「現物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「信用」とは?

「信用」は通常人と人の関係性で用いられることが多く、確かなものとして信じて受け入れることを示します。

またこの場合の「信頼」は個人間で使われることが多いのですが、社会的な関係性でも使われることが多いのが特徴です。

この場合の「信頼」はそれまでしてきた業績や実績、行為などからその人や評価を判断して信じることに使われます。

特定の人物から「信頼」を得るという使い方もできますし、お店の「信用」を得るという使い方もできます。

通常の「信用」の使い方とは別に株式取引では「信用」取引という方法があり、こちらは独特な意味を持ちます。

「信用」取引は証券会社などに担保を入れたり、あるいは株式を保有する分だけ資金を借りて取引するものであり、自己保有の預り金よりも高い金額で株式取引することが可能となる仕組みです。

「現物」とは?

「現物」は通常今そこにある現在の商品を示します。

スーパーや家電量販店で展示されている商品は「現物」であり、すぐさま購入して持ち帰ることが可能です。

また現にあるものから派生して、お給料を現金ではなく品物で支払う時に「現物」が使われます。

「現物」は現金以外のものとなり、色々な商品やギフト券、特定のサービスなど幅広いものとなります。

通常の「現物」は今そこにある品物を示すことが多いのですが、株式取引の際には「現物」取引という意味で使われることが多いので注意しましょう。

「現物」取引は基本的に自分だけの資産で運用や取引するものであり、「信用」取引とは全く違うものとなります。

「信用」と「現物」の違い

「信用」「現物」は通常使う際には大きく意味が違うものとなっています。

「信用」は個人や社会関係での信じて受け入れる態度を示すものであり、「現物」は今そこのある品物を示すという風に意味が全く違います。

しかし株式取引となるとこの2つはよくセットで使われることが多く、「信用」取引は証券会社から資金を借りて投資や取引する仕組みであり、「現物」取引は自分が持っている資産のみで投資や取引する仕組みとなっています。

「信用」の例文

・『一度失った信用を取り戻すとなると、かなりの時間が掛かるのだ』
・『信用取引で一度は大きく儲けたが、プレッシャーが凄かったのでもうやらないことに決めた』

「現物」の例文

・『ボーナスが現物支給になると決まったが、非常に不満が出たため撤回された』
・『現物取引のみでやると儲けは出ないが、リスクは低いので個人的には合っている』

まとめ

「信用」「現物」は意味が根本的に違うものですが、株式取引する際には2つがセットで使われる言葉であり意味も大分違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典