スポンサーリンク

「信者ビジネス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「信者ビジネス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「信者ビジネス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「信者ビジネス」の意味

信者からお金を吸い上げる仕事

「信者ビジネス」の解説

「信者ビジネス」とは、教祖が信者からお金を吸い上げるビジネスモデルのことです。

「信者ビジネス」がいう教祖とは、宗教団体の指導者のことではなく、カリスマ的な存在のことです。

カリスマ的な存在を教祖と崇め、その人が話すことや行うことを熱心に熱心に信奉する人のことを信者といいます。

宗教団体では、教祖や宗教に対して信者が寄付をします。

熱心な信者ほど、高額な寄付をする傾向があります。

このような構図に似ていることから「信者ビジネス」と呼ばれています。

「信者ビジネス」の使われ方

「信者ビジネスのカモになってしまった」「信者ビジネスには気をつけろよ」のような使われ方をします。

これらはよい意味では使われていません。

「信者ビジネス」を行っている教祖は、「これは信者ビジネスですよ」と教えてはくれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典