スポンサーリンク

「信頼」と「愛情」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「信頼」と「愛情」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「信頼」「愛情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「信頼」とは?

「信頼」は、対象となる人物を信じる気持ちのことを指し、その対象者を信じることができるかどうかを示します。

人を信じるかどうかを信頼と呼び、人間が持つ愛のように沸き上がる物ではなく、長年の信用にて培われるのが「信頼」です。

「愛情」とは?

「愛情」は、人物や物に情が移ることで大切に思う気持ちが降って沸くことです。

降って沸くという点が「愛情」のポイントで勝手に生まれ、勝手に消え去るのが「愛情」になり、実のところ、「信頼」のように長年の信用により培われた関係性よりも希薄なのが、「愛情」です。

「信頼」と「愛情」の違い

「信頼」「愛情」の違いは、両者の言葉の意味が希薄であっても成立するかどうかです。

「信頼」は対象相手が希薄で信用できない間柄であると、人を信用しようとする「信頼」は生まれないです。

ですが、「愛情」は別に一方的に押し付けることが可能で「愛情」を与える人物と「愛情」を受ける側の間柄が希薄でも成立します。

その為、違いは、両者の言葉の意味が希薄であっても成立するかどうかです。

「信頼」の例文

・『彼は長年会社に貢献してくれたので信頼できる刃部部である』
この例は、対象となる人物が、長年の付き合いから信用できるに値するものだとした例です。

「信用は、信じる側と、信用される側が希薄であると成立しないため、この例は信用される側を強く信じている例になります。

「愛情」の例文

・『妻への愛情は人一倍強い』
この例は、奥さんに対する愛という情が人一倍強いと公言した例です。

ただ、「愛情」は、両者が別にそれほど愛という情が無くとも成立するため見せかけで「愛情」という言葉を使用してあえて両者の間に愛があるよう装うことも可能です。

つまりは、仮面夫婦であっても、「愛情」という言葉を利用すれば円満の過程を演じることができ、実際には夫婦は両者ともに浮気をしていても、「愛情」という言葉は表面上機能します。

まとめ

「信頼」「愛情」の違いは、信用の度合いが異なります。

「信頼」は、必ずどちらか片方が対象者を信じていなければならず、両者ともに信用してない場合、「信頼」自体が成立せず、「信頼」という言葉を使用してはいけないのです。

ですが、「愛情」は別に両者ともに愛という情が無くとも成立する言葉で、表面上愛情があるように装うことが可能になります。

何故、「愛情」は、「信頼」と異なり相手を信用する必要を生まないかですが、それは信じるという度合いが愛情は不鮮明であるからです。

「信頼」は見せかけだけで相手を信用した場合、嘘がバレますと「信頼」は崩れます。

ですが、「愛情」は元々、崩れること前提で物事を進めることができるが故、崩れてもそれでよしとして話が進んでいきます。

これを「信頼が崩れる」とした場合、相手を信じることの根底が崩れるため、お話が破綻してしまいますので、「信頼」「愛情」という言葉よりも上位でかつ、絶対でなければならないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典