「個人事業主」と「法人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「個人事業主」と「法人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「個人事業主」「法人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「個人事業主」とは?

「個人事業主(こじんじぎょうぬし)」とは、「株式会社・NPO・一般社団法人などの法人を設立せずに自ら営業を行っている個人」のことを意味しています。

「個人事業主」「個人事業開業届」を提出するだけで、簡単にコストもかからず開業することができます。

ただし「個人事業主」には「経費の制限」があり、納付額が高い(将来の年金額が少ない)「国民健康保険・国民年金」にしか加入できないデメリットもあります。

「法人」とは?

「法人(ほうじん)」とは、「申請して登記することで、自然人と同じ法的人格(権利義務の主体性)を認められている組織団体」のことを意味しています。

「法人」は大きく、「公法人(地方自治体など)・私法人(株式会社・合同会社などの営利法人)・私法人(NPO・学校法人などの非営利法人)」の三つに分けることができます。

「法人」「社会的信用」が高まり「経費の項目」も多く、「社会健康保険・厚生年金」に加入できるメリットもありますが、一定以上の事業規模・所得がないと税金は高くなります。

「個人事業主」と「法人」の違い!

「個人事業主」「法人」の違いを、分かりやすく解説します。

「個人事業主」「法人」「何らかの事業を営む主体」という類似の意味合いを持っていますが、「個人事業主」というのは「株式会社・NPOなどの法人を設立せずに、自分自身で営業を行っている個人」のことを意味しています。

「個人事業主」に対して「法人」というのは、「法人として登記することで、自然人と同等の法的人格(権利義務の主体性)が認められている組織団体」のことを意味している違いがあるのです。

「法人」「個人事業主」よりも設立に手間・費用がかかりますが、「法人」には「経費に計上できる項目が多く、所得が多ければ節税できる(法人税・住民税の負担は個人事業主より大きいこともある)」「社会的信用が高まる」といったメリットもあります。

また「個人事業主」「国民健康保険・国民年金」に加入しますが、「法人・法人の構成員」「社会健康保険・厚生年金」に加入することができます。

まとめ

「個人事業主」「法人」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「個人事業主」とは「株式会社などの法人を設立せずに自ら営業を行っている個人・個人事業は事業主一人のみや家族のみ(少数の従業員のみ)の形態が多い」を意味していて、「法人」「自然人と同じように法律上の人格を認められている組織団体」「公法人・営利法人・非営利法人に分けられるもの」を意味している違いがあります。

「個人事業主」「法人」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典