スポンサーリンク

「個別」と「戸別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「個別」と「戸別」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「個別」「戸別」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「個別」とは?

「個別」は(こべつ)と読みます。

「個」の漢字の意味は「ひとつ」「ひとり」です。

つまりひとつひとつ、ひとりひとり別れていることを意味します。

この「個別」と言う言葉は、学校や塾などの教育関係でよく耳にしたり目にしたりします。

「個別指導」「個別塾」「個別カリュキュラム」などは、塾の広告によく書かれています。

このような塾や予備校などはひとりひとり、すなわちマンツーマンによる指導を通じて、その人物に適した丁寧な指導ができることをセールスポイントにしています。

また「個別に袋に詰めてください」のように、「人」だけではなく「もの」「個別」で表す言葉できます。

「個別」と同じような意味を持つ言葉ですが「個々」「それぞれ」「マンツーマン」「逐一」「いちいち」「めいめい」または「各自」などがあります。

「個別にお知らせします」「各自にお知らせします」も同じ意味です。

「個別」の反対の意味を表す言葉には「全体」「総体」「包括」「一括」があります。

英語で表現するなら“Individually”“separately”“one by one” “each”を使います。

「個別」の使い方

「個別」「個別指導」のような名詞以外では、「個別に〇〇する」とのかたちで使われることが一般的です。

「戸別」とは?

「戸別」は(こべつ)と読みます。

「戸」は訓読みでは(と)ですね。

「扉」「門」のことを言うだけではなく「家」の意味も持ちます。

例えば「戸籍」は、 世帯(家)の構成が書かれている公式文章です。

このように、「戸別」は一軒一軒の家のことを表しています。

「戸別に訪問する」「戸別に配布する」は、「一軒一軒/各家庭」を意味します。

英語で表現するなら“each house”になります。

「戸別」の使い方

「戸別」は正式な文章や行政やビジネスなどで使用することが一般的です。

親しい者同士の会話では「各家庭」「それぞれの家」と表現する方が多いでしょう。

例えば引越しをしてきてご近所さんに手ぬぐいを配ったら「戸別に引越し挨拶の手ぬぐいを配った」ではなく、「それぞれの家に引越し挨拶の手ぬぐいを配った」と表現する方が自然です。

「個別」と「戸別」の違い

「個別」は、たくさんの人もしくは物の中の(ひとりひとり)(ひとつひとつ)を意味するのに対し、「戸別」は(一軒一軒の家)を表します。

ただし「個別」「戸別」は両方とも(こべつ)と読むので、少々間違えやすい言葉です。

文章で読むのであれば、その違いは一目瞭然ですが耳から音で聞く場合には、その前後の文章で「個別」「戸別」のどちらかを判断する必要があります。

また塾などの「個別指導」、各家庭に指導をする「戸別指導」と、どちらでも意味が通じる言葉もありあます。

まとめ

「個別」「戸別」は、読み方が同じなので感じで書く時にうっかりと間違えてしまうこともあるので気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典