スポンサーリンク

「借金のカタ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「借金のカタ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「借金のカタ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「借金のカタ」の意味

借りたお金を返せない時に、代わりに持っていかれる様な物

「借金のカタ」の解説

「借金のカタ」は漢字で「借金の形」と書きます。

意味は「借りたお金を返せない時に、代わりに持っていかれる様な物のこと」です。

昔は借金が返せないと、直接自宅まで「取り立て人」がやってきて催促しました。

まだ「貸金業法」が施行されたいなかった時代は、借金が返済できない場合には自宅にある「お金に替えられるもの」を代わりに奪っていく行為が多く、このことを「借金のカタ」と呼んでいました。

「形」は、「保証のしるし」「抵当」という意味があり、昔は「借金のカタ」としてお金を借りた人の娘などを奪っていくこともあったのです。

「借金のカタ」の使われ方

「借金のカタ」は、お金を返せない時に、貸した人が借りた人からとりあえず代わりのものを持って行く時に使われます。

基本的に持ち運びができるものが多く、「借金のカタに時計を持って行かれた」「借金のカタになるものがない」などと使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典