スポンサーリンク

「健啖家」と「大食漢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「健啖家」と「大食漢」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「健啖家」「大食漢」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「健啖家」とは?

「健啖家」とは、すこやかにたくさん食べる人の事を言います。

「健」という文字には体が丈夫で健康的という意味があり、「啖」には勢い良くむさぼり食うという意味があります。

何かを良くする人という「家」を付けて「健啖家」という言葉が生まれました。

「健啖家」の人は食べ物の好き嫌いが少なく、健康的に何でも食べるのでプラスなイメージとして使われています。

「大食漢」とは?

「大食漢」とは、普通以上にたくさん食べる人の事を言います。

「漢」は男性を表す言葉ですので女性に対して使ってはいけません。

「大食漢」の人は、好きなものだけをただたくさん食べるというマイナスなイメージとして使われる事が多い言葉です。

「健啖家」と「大食漢」の違い

「健啖家」「大食漢」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもたくさん食べる人の事を言いますが、「健啖家」は男性に対しても女性に対しても使える言葉であり、「大食漢」は男性のみに対して使える言葉というのが一番の違いです。

まとめ

「健啖家」「大食漢」は似ている言葉ではありますが、異なる意味を持ちます。

間違えた使い方をしてしまうと失礼になってしまうので、しっかりと意味を理解して使用するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典