「傘がない」と「傘をささない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「傘がない」と「傘をささない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「傘がない」「傘をささない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「傘がない」とは?

「傘がない」の意味と使い方について紹介します。

「傘がない」の意味

「傘がない」「さしたくても傘を持っていない状態」という意味です。

「傘がない」の使い方

「傘がない」は、雨が振っている時や、傘を探している時など、その人にとって傘が必要な時に、手元にないことを言います。

これから出掛けなければならない時に雨が振ってきて、傘が必要であるにもかかわらず、持ってきていなかったり、ビニール傘など人のものと見分けがつきにくい傘を持って、来て共同の傘立てなどに立てておき、誰かに持ち去られたなどで、帰り際にみつからない時に使います。

共通する意味として「必要な時に手も後に傘がない」という点があります。

「傘をささない」とは?

「傘をささない」の意味と使い方について紹介します。

「傘をささない」の意味

「傘をささない」は、「傘を持っていても使わないこと」という意味です。

「傘をささない」の使い方

「傘をささない」は、傘を持っていて、その傘を使うべき場面で、傘を使わないことを言います。

傘は「さす」という動詞が使われます。

傘を持っていても自らの意思で利用しない時の表現です。

因みに、「雨が降ったら傘をさす」というのは世界共通の習慣ではありません。

イギリスでは雨が降っても短時間なことが多く、傘をささない人が多いのです。

また、その他の国でも車社会の為、雨が降ってもちょっとした移動ならばフードつきのコートでしのぐことが多くなります。

「傘がない」と「傘をささない」の違い!

「傘がない」「さしたくても傘を持っていない状態」です。

「傘をささない」「傘を持っていても使わないこと」です。

まとめ

今回は「傘がない」「傘をささない」の違いをお伝えしました。

「傘がないは使いたくてもない」「傘をささないは使わない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典