スポンサーリンク

「傲り」と「慢心」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「傲り」と「慢心」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「傲り」「慢心」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「傲り」とは?

「傲り」には、いい気になること、思い上がることという意味があります。

同じ音で「奢り」という言葉がありますが、こちらには人に御馳走をすることという意味があります。

「傲」は音読みでは「ゴウ」となり、思い上がって人を見下す態度のことを「傲慢」といいます。

「慢心」とは?

「慢心」には、自慢すること、おごり高ぶることという意味があります。

「慢」は、おごる、なまける、ゆるかやを意味します。

「慢」「心」がついた言葉なので、「慢心」はおごる「気持ち」のことです。

「傲り」と「慢心」の違い

どちらも似たような意味を持つ言葉ですが、「傲り」「慢心」の違いを、分かりやすく解説します。

「傲り」には思い上がりという意味があり、思い上がりとはうぬぼれのことです。

実際の自分よりも優れていると自分自身で思うことを表します。

見下す態度があります。

「慢心」には自慢することという意味があり、他人に誇る様子を表します。

自分のことを優れていると思い、そのことを人に示す様子です。

まとめ

「傲り」にも「慢心」にも似たような意味がありますが、やや違うニュアンスがあります。

「傲り」には見下す態度があり、「慢心」は人に時間する態度があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典