「優しい」と「女々しい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「優しい」と「女々しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「優しい」「女々しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「優しい」とは?

「優しい」の意味と使い方について紹介します。

「優しい」の意味

「優しい」「やさしい」と読みます。

意味は「姿や言動などが穏やかで柔らかいこと」「他人に対して思いやりがあること」「性質が素直で好ましい感じ」「刺激や影響が少ないこと」「控え目でつつましいこと」などです。

「優しい」の使い方

「優しい」には数多くの意味がありますが、日常的に使う場合には以下の2つの意味が多くなります。

1つ目は「容姿や物腰が穏やかで柔らかいこと」と言う意味で、全体的なイメージがやんわりとしている人のことを言います。

2つ目は「人を思いやる気持ちがある人」という意味で、人の性格的な面のことです。

基本的に、「人に対して寛容な態度を取る」という点で共通しています。

「優しい人」は基本的に人から好かれて、一緒にいて心地良いと思われます。

「女々しい」とは?

「女々しい」の意味と使い方について紹介します。

「女々しい」の意味

「女々しい」「めめしい」と読みます。

意味は「態度や性格が頼りなく、意気地がないこと」です。

「女々しい」の使い方

「女々しい」は、態度や性格が頼りなく、思い切りが悪くて女性の様であることを言います。

基本的に男性に対して使われる言葉で、「男のくせに女々しい」など、見下した表現です。

あることをいつまでもねちねちと根に持ったり、うじうじとして中々行動できなかったり、くよくよといつまでも悩んでいる男性に対して使われます。

「優しい」と「女々しい」の違い!

「優しい」「人に対して寛容な態度を取る人のこと」です。

「女々しい」「態度や性格に意気地がない人のこと」です。

まとめ

今回は「優しい」「女々しい」の違いをお伝えしました。

「優しいは寛容」「女々しいは意気地がない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典