「優っている」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「優っている」

「優っている」「まさっている」と読みます。

「優」の訓読みには、「優っている(優っている)」の他に、「優れている(すぐれている)」「優しい(やさしい)」「優か(ゆたか)」「優らぐ(やわらぐ)」「優(わざおぎ)」という読み方もあります。

「優っている」の意味

「優っている」は、「他のものと比べて、価値、技術、量などが上である」「他と比べて程度が上である」といった意味を持っていて、「勝る」と表記されることもあります。

「優」を使った言葉には、優劣を付ける、優勢である、など日常的にもよく使われる言葉があります。

「優っている」の言葉の使い方

「優っている」は、他のものと比べて、程度や価値、技術、量などが上である、という意味を持っていますので、何かと比べてこちらの方が力量や価値などが上だということを表すときに使う言葉です。

あの選手よりもこちらの選手の方が力が上だと表したい時には「あの選手よりもこちらの選手の方が力で優っている」、こちらの商品の方が環境に配慮されていると表す時には「こちらの商品の方が環境に配慮されている点では優っている」のような使い方をします。

「優っている」を使った例文・短文(解釈)

「優っている」の意味と使い方を説明してきましたので、言葉の理解をより一層深めるために、ここでは、この言葉を使った例文をいくつかご紹介しましょう。

「優っている」の例文1

「このトースターは、一般的な知名度は低いものの、パンを美味しく焼くことに特化しており、他のどのトースターよりも優っていると評判です」

多機能な電化製品が売れている一方で、ある機能に特化した製品も人気があります。

一般的なトースターといえば、色々な物を焼くことを前提としていますが、パンを美味しく焼くことに特化したトースターというのもあるのです。

目的を絞ることで、必要な性能だけを極限まで高めることができるのでしょう。

こういった製品は、知名度は低くても、根強いファンがいることは確かです。

「優っている」の例文2

「ルックスでは明らかに私の方が優っているのに、周りからの人気は彼女のほうが高いのです」

人は見た目ではない、と言いますが、まさにその通りなのです。

最初は見た目の良い人に惹かれる人も、時間が経つにつれて、見た目よりも、人間力が高い人に魅力を感じる人が多く、人当たりが良かったり、気配りが出来たり、話し上手だったり、他人の事に親身になれたり、その人の持ってる性質が、人気を左右するものなのです。

見た目も良く人間力の高い人は、間違いなく人気者になるでしょう。

「優っている」の例文3

「自社製品の売れ行きが伸び悩んでいるのは、デザイン性では優っていても、機能面では他社の製品には及ばないということが原因であると指摘されました」

世の中には、デザイン性を優先するタイプの人と、実用性を優先するタイプの人がいます。

デザイン性を優先させる人は、多少使い勝手が悪くても、見た目が好みであれば、それで良いのです。

しかし、昨今は、デザイン性よりも実用性を優先させ、使い勝手が良く長持ちするものを好む人の方が多いようです。

「優っている」の例文4

「釣りの腕は明らかに彼の方が優っているのに、肝心の釣果は彼女の方が上でした」

釣りは、運を味方につけた人のほうが有利なことがあります。

いくらいい腕があっても、魚がいなければ釣ることができません。

運のある人というのは、周りが誰も釣れていないような状況でも、なぜか釣れてしまうものなのです。

ベテランに混じって釣っていた初心者が、ただ一人大物を釣り上げるといったビギナーズラックというのも良く聞く話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典