スポンサーリンク

「優れている」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優れている」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日常会話の中には、今さら質問しにくい用語もあります。

この記事では、「優れている」の意味を分かりやすく説明していきます。

複雑な言い回しを、短時間でおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「優れている」とは?意味

「優れている」とは、他の人に比べて秀でている部分が多いこと。

賢かったり頼もしかったり、スポーツ万能だったり、褒めたくなるポイントが多いことです。

他の人よりも勝っている部分が多い人を「優れている」といいます。

誰かに言われたら嬉しくなる、最高の褒め言葉です。

「優れている」には「優」という漢字がつかわれています。

「やさしい」と読める「優」には「まさる」「ゆたか」という読み方もあります。

つまり才能が豊かで人よりも勝っている人が、優れている人になります。

「優れている」は大勢の中で、抜きんでて賢い人につかいます。

また性能や技量がすばらしい商品などにも、用いていきます。

優れている項目が多いものほど、ライバル社との競争に打ち勝っていける「売れるブランド」に成長していけます。

「優れている」の概要

「優れている」という言葉は、高学歴芸能人の形容詞として、注目されている言い回しです。

少し前までの「おバカなキャラクター」に代わり、最近はマニアな知識をもっているタレントさん、頭の回転がはやい芸能人がよくテレビに出ています。

優れている芸能人として思い浮かぶのが「今でしょ」で時の人となった、林修先生。

そしてお笑い芸人のカズレーザーさん、東大王の伊沢卓司さん、元NHKの池上彰さんの名が挙げられます。

色々なことを知っている、人よりも優れている人はお茶の間の人気者になりやすいです。

「優れている」の言葉の使い方や使われ方

「優れている」はこのようなシーンで用います。

・面接で自分の優れているポイントを、分かりやすく伝えた。

「弊社の新サービスが旧サービスと比べて、優れている点をお伝えします」

・彼は学生時代から何をやっても、優れている人物だった。

「優れている」は自分のアピールポイントを伝えたい場合、会社の商品を売り込みたい場合などに用います。

「その人の良いところ、その商品の強み」「優れている」です。

「優れている」の類語や言いかえ

「優れている」と同じようなフレーズには、次の単語もあります。

・勝っている
・性能がいい
・頭の回転が速い
・頭がきれる
・秀でている
「優れている」の類語には「勝っている」「秀でている」などがあります。

どちらも他と比較して、勝っていること。

優秀なことです。

まとめ

「優れている」の意味や使い方をおさらいしました。

「優れている」とは、他の人や物と比べたとき、秀でていること。

その人のアピールポイントや長所をあらわす、いい意味の言葉です。

たとえ「劣っている」と思えるようなことも、日々の努力しだいでは、いくらでも優れていることに変えていけるチャンスもあります。

良いと悪いは表裏一体なので、諦めないことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典