スポンサーリンク

「優遇」と「厚遇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優遇」と「厚遇」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「優遇」「厚遇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優遇」とは?

「優遇(ゆうぐう)」とは、「同じ場にいる他の人よりも、優先して手厚くもてなすこと」を意味しています。

「優遇」というのは、「同じ職場・学校・商業施設などで、他の人と比べて良い扱いを受けること」を示している言葉なのです。

「優遇」という言葉は、「優遇措置・優遇制度」などのフォーマルな用語や行政用語として使われやすい傾向もあります。

「優遇」「優」の漢字には、「他よりも優れている・まさっている」などの意味合いがあります。

「遇」の漢字は、「処遇すること・対応すること・もてなすこと」などを示しています。

「厚遇」とは?

「厚遇(こうぐう)」とは、「普通の待遇と比べて、手厚く対応すること」を意味しています。

「厚遇」という言葉は、「普通の扱い(一般的に定められた扱い)よりも、良い扱いをすること」を示しているのです。

「厚遇」の表現には特に、「職業上の地位・報酬・給与などについて、十分に恵まれた待遇をすること」といった意味合いを持っています。

「厚遇」はフォーマルな行政用語というよりも、企業の求人募集広告などにおける「当社が求める経験・資格がある方は厚遇」などの決まり文句として使われることが多くなっています。

「厚遇」「厚」の漢字は、物理的な「厚みがある・手厚い(十分な配慮がされている)」などの意味合いを持っています。

「優遇」と「厚遇」の違い

「優遇」「厚遇」の違いを、分かりやすく解説します。

「優遇」「厚遇」は双方ともに、「手厚い処遇をする」を意味する同義語に近い二つの言葉です。

ただし、「優遇」の言葉には「厚遇」にない、「同一の学校・職場・電車などにおける他の人と比較して、優先的に良い扱いをする」といった意味のニュアンスがある点が異なっています。

「優遇」「社会的困窮者に対する優遇措置が検討されています・優遇制度の有無を調べてみました」のように、「フォーマルな法律・行政の用語」として使われる機会が多くなっています。

「厚遇」「厚遇措置・厚遇制度」などの公的・法律的な用語としては、まず使用されない違いがあるのです。

「優遇」の例文

・『外国からの重要な賓客が訪日した際には、政府や行政機関がこぞってその賓客を優遇することになります。』

・『現代では元気で裕福な高齢者も多いため、高齢者の優遇制度をさらに充実させるべきだという考え方に賛同しない人たちも増えています。』

「厚遇」の例文

・『転職してから仕事の権限がなくなって給料も大きくダウンしたことから、前の会社で自分が信じられないほどの厚遇を受けていたことを実感しました。』

・『彼女は社長と懇意にしていることで厚遇されていましたが、周囲の社員からは非難のまなざしが向けられていました。』

まとめ

この記事では、「優遇」「厚遇」の意味の違いや例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「優遇」「厚遇」の意味の違いを詳しく調べたい場合には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典