「先ず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「先ず」とは?意味

「先ず」には、「はじめに、最初に」という意味があります。

また「先ず」「とりあえず、何はともあれ」を意味します。

さらに「先ず」には、「ある程度の確信を持っている」という意味があります。

「先ず」の読み方

「先ず」の読み方は、「まず」になります。

「先ず」の表現の使い方

「先ず」の表現の使い方を紹介します。

「先ず」は、「はじめに、最初に」を意味します。

例えば、料理を作る時に、初めに手を洗う時、「料理を作る前に、先ず手を洗いましょう」などと、「先ず」を使って説明できます。

また「先ず」「とりあえず、何はともあれ」を意味します。

例えば、遊びに行く時に現金を下ろすかもしれません。

3万円現金を下ろした時、とりあえず安心だと感じたら、「3万円持っていれば、先ず安心だろう」などと、「先ず」という言葉を使ってみましょう。

さらに「先ず」には、「ある程度の確信を持っている」という意味があります。

このような時、「先ず」という言葉を使ってみましょう。

「先ず」を使った例文や短文など

「先ず」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「先ず」を使った例文1

「明日から忙しくなるが、今夜は『先ず』寝よう」

この例文は、明日から仕事などが忙しくなるが、とりあえず、今夜は寝ようという文章になります。

このように「先ず」「とりあえず、何はともあれ」を意味します。

忙しい日の前は、じたばたせずに、しっかり睡眠をとるのが正しい対処法かもしれません。

「先ず」を使った例文2

「この方法で仕事を進めれば、『先ず』大丈夫だ」

この例文は、今の方法通りに仕事をすれば、ある程度の確信を持ち、大丈夫だと言えるという文章になります。

このように「先ず」には、「ある程度の確信を持っている」という意味があります。

「先ず」の類語や類義語・言い換え

「先ず」の類語や類似を紹介します。

「最初に」【さいしょに】

「最初に」には「いちばんはじめに」という意味があります。

「最初に、校長先生の挨拶があります」という文章は、「いちばんはじめに、校長先生の挨拶があります」という意味になります。

「最初に、思いつく」などという使い方をします。

「ともかく」

「ともかく」「不確かな点はさておいて、先ずは実行したり、判断したりする様子」という意味があります。

「正しい道かどうかは分からないが、ともかく歩いてみよう」という文章は、「この道が正しい道か確信はないが、先ずは歩いてみよう」という意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典