スポンサーリンク

「先物取引」と「信用取引」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「先物取引」と「信用取引」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「先物取引」「信用取引」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「先物取引」とは?

「先物取引」は、株式市場のシステムの一つで、原資産を将来的に購入可能な時期に取引をした時点で儲けた金額で購入することです。

簡単に言えば、牛道のチェーン店の牛丼をオープン時に来るのであれば、300円で食べられるとしたのが「先物取引」でオープンしてから牛丼が例え500円だったとしても、必ずオープン時に食べに来ると決めた人物は300円で牛丼を食べることができるというのが、この「先物取引」です。

要は企業と自分との取引に差額が生まれても必ず購入するという条件があるから絶対にその金額で売るというのがこのシステムになります。

「信用取引」とは?

「信用取引」は、株式で商品となる物を購入したいが資金が無い、だが取引をやりたいという意思はあるという場合に使用されるシステムで、この時資金不足である部分を第3者の投資家が補うのが信用取引で、利益が出れば、借りたものを変額して再度収益を得るという物です。

この仕組みは、先物取引と異なり、お金をその場で消費して商品の売り買いをしていますので将来的に購入する商品というのではなくすでに売られている物を購入するという違いがあります。

「先物取引」と「信用取引」の違い

「先物取引」「信用取引」の違いは、将来的に取引をするかすでに取引できるものを借金して取引するかです。

なお先物は、取引自体が先延ばしになっているため、その期日までに何とかお金を用意すればよい上恐らく価値は下がらないだろうという物において強みがあります。

「先物取引」の例文

・『先物取引で読み違えたか』』 この例は、企業の商品を購入した際、実は価値のない物を購入してしまい、読み間違えたという例です。

先物取引は、実は価値が下がり続ける物でも最初に決められた金額で購入するという仕組み上、価値が下がり続ける物へ投資した場合大損します。

この例は、そんな典型例です。

「信用取引」の例文

・『信用取引の追証が支払えない』』 この例は、取引で必要な取引を続けるための資金が払えないといういう例です。

追証を払うことができないと今あるポジションで決済が完了してしまうため、これから黒字に転換するというポジションで資金切れになった場合、マイナスであれば、マイナスの資金を背負うということになり、プラスに移行するには取引を続けるための証拠金を必要とします。

まとめ

「先物取引」「信用取引」というのは、株式の仕組みの一つで一つは決められた期日までにお金を用意して商品を購入してね、という物でもう一つは取引をしたいらしいんだけどお金が無いらしいね、じゃあお金を貸してあげるというような仕組みです。

可愛らしく表現してますが、実は両者とも間違い犯すと一発で終わりで、「先物取引」は無価値な商品を高額で買わされるとマイナスに転じる点、「信用取引」は取引を続けることができなくなるとその時点でマイナスであればマイナスになる点で両者ともに一長一短です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典