スポンサーリンク

「免許取り消し」と「免許停止」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「免許取り消し」と「免許停止」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「免許取り消し」「免許停止」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「免許取り消し」とは?

「免許取り消し」は、違法行為により、免許の点数制度の点数である15点を超えた際、免許自体の効果が失われることです。

免許自体の効果が失われるため、運転免許を再度取得する必要性が生まれます。

「免許停止」とは?

「免許停止」は、違法行為により、一時的に期間を設けて自動車の運転を行う免許の機能を停止することです。

なお、一時的に免許の機能が停止するだけで、期間を過ぎれば再び運転を可能とします。

「免許取り消し」と「免許停止」の違い

「免許取り消し」「免許停止」の違いは、車を運転する資格を失い再取得を必要とするか、一時的に運転する権利を失うかです。

「免許取り消し」の例文

・『免許取り消し処分を受けた』
この例は、度重なる違法行為により、免許の点数制度である15点を超過してしまい、免許が無くなったという例です。

この場合、再度免許を講習により取り戻す必要性があり、再度教習所に通う必要があります。

・『船舶の免許取り消しを受けた』
この例は、船の運転を可能なライセンスの取り消し処分を受けたという例になります。

船もライセンスという免許を取得し、かつ行政により処分を受ける対象であり、運転行為がひどい場合、免許を取り消すことが可能です。

「免許停止」の例文

・『船舶は、免許停止処分は存在しない』
この例は、船の免許は実は、停止処分という特定期間船の運転ができないという処分はないという例です。

船の場合、業務で船に乗っているとみなし、営業で船を出すことができないというのが決められており、免許としては実は機能をしています。

つまり、船は業務ではなく移動手段で使う場合、「免許の取り消し」にならない限り運転できるのが問題なのです。

・『免許停止処分を受けた』
この例は、自動車の運転免許の一時的な機能の停止を受けた例で、期間を設けたうえで自動車が運転できなくなった例です。

この例は、期間が過ぎれば再度車の運転はできます。

まとめ

「免許取り消し」「免許停止」の違いは自動車においては、車の運転を可能とする資格がなくなるか、一時的に運転をするなという処分を受けるかの違いです。

実は、船の場合、ちょっと事情が違ってまして「免許取り消し」は存在しますが、「免許停止」は存在しないです。

つまり違法行為を行えば点数が減りますが、これもあまり言うべきではないのですが、点数が減少したからと言って免許を失うかは実は分からないです。

何故なら、車と異なり、船の場合行政がどう判断するかが重要であるため点数は船を使用して何かビジネスをしている方々に対して営業を取りやめるように迫るだけでしか機能しません。

その為、営業ではなく移動手段として船を使用するというケースであれば実は船の運転が可能で、営業においては、営業届けをしているビジネスに着手してなければ問題ないとみなされます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典