スポンサーリンク

「公営住宅」と「UR賃貸住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「公営住宅」と「UR賃貸住宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「公営住宅」「UR賃貸住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「公営住宅」とは?

「公営住宅」は、地方自治体が低所得者向けに提供している賃貸住宅のことです。

国からの助成などがあり、地方自治体が建設をしています。

低所得者向けの安価な家賃設定になっている賃貸住宅なので、対象者は低所得者です。

「公営住宅」に入居するための基準は、地方自治体によって異なります。

また、該当する都道府県に在住・在勤しているなどの基準を設けていることもあります。

入居者は自治体によって募集され、場合によっては抽選になります。

「UR賃貸住宅」とは?

「UR賃貸住宅」は、都市再生機構(UR都市機構)が管理をしている賃貸住宅のことです。

一般的な不動産会社と違う点は、礼金、仲介手数料、更新料、保証人がなしなことです。

こういった資金が必要ないため、節約できた分の資金を家具などの購入や引越し費用に回せるメリットがあります。

受付は先着順で、抽選ではありません。

「公営住宅」と「UR賃貸住宅」の違い

「公営住宅」「UR賃貸住宅」は、どちらも賃貸住宅ですが、管理や運営をしている場所が違います。

「公営住宅」は、国の助成によって地方自治体が建設・管理した賃貸住宅のことです。

「UR賃貸住宅」は、都市再生機構が管理をしている賃貸住宅です。

まとめ

「公営住宅」「UR賃貸住宅」は賃貸住宅という点では同じでも、管理しているところが違い、受付方法なども異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典