スポンサーリンク

「公開見積競争」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「公開見積競争」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「公開見積競争」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「公開見積競争」とは?意味

「公開見積競争」とは、「こうかいみつもりきょうそう」と読みます。

一般的には「オープンカウンタ方式」と呼ばれ、入札制度の一種となっています。

「公開見積競争」の概要

「公開見積競争」は入札方法のひとつで、一般的には「オープンカウンタ方式」と呼称されています。

設定された基準の金額以下の物品を購入する場合や、印刷物を発注する場合に、一つの企業や事業者とそれぞれ見積を取り合うのではなく、対象となっている全ての事業者や企業に対し公募という方法で見積金額を提示してもらい、その中で最低金額だった企業や事業者と契約するという方式です。

入札するための入札ボックスがカウンターの上に置かれていた事が語源となり「オープンカウンタ方式」と呼ばれるようになったとされています。

「公開見積競争」は、基本的に少額の契約金額の案件に対して行う制度です。

発注する側が、見積の相手を広く同時に募集する事で、公平かつ適正な金額での入札することができます。

「公開見積競争」は、少しでも安い金額の見積が採用されるため、公募する企業や事業所は契約金額について競争する事になるため、公平性や透明性について優れています。

事務コストについては、郵送や直接提出するなどの方法で行えるので、低コストで済ませられるというメリットもあります。

契約金額の安い案件についてはとても優れている方式と言えます。

「公開見積競争」の言葉の使い方や使われ方

「公開見積競争」は、入札方法の一種になっており、契約金額の少額な品物の購入や、印刷物の発注などの際に使用されます。

特定の事業者に対して見積取るのではなく、公募によって広く見積を取るため、競争性があり公正な入札方法です。

発注時の事務的なコストが安価で済むため、広く採用されている方法です。

さらに新規事業者などが参入しやすい方式で、地域に密着している企業や事業者にとってはデメリットも少なく参入する事ができます。

「公開見積競争」を使った例文(使用例)

・『新規で参加した公開見積競争の案件を受注する事ができた』 ・『今回、公開見積競争で公募される仕事は、人気が高く参加企業が多いため、見積金額を安く設定した』

まとめ

「公開見積競争」とは、「オープンカウンタ方式」とも呼ばれる入札形式の一種です。

特定の企業や事業者と見積のやり取りをするのではなく、公募で広く募集し、その中で最も金額の安い事業者と契約するという方式です。

この方式は新規事業者が参入しやすく、コストもかからない方式のため、広く利用されています。

ただ、デメリットが全く無い訳ではなく、発注を行う側には参入する事業者が新規参入だった場合に、履行の確実性が保証されません。

そのため、新規参入する事業者の見極めも必要となる方式と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典