スポンサーリンク

「共通テスト」と「センター試験」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「共通テスト」と「センター試験」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「共通テスト」「センター試験」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「共通テスト」とは?

大学の「センター試験」に代わる新しい試験方法で、特徴については、英語の採点方法が異なります。

従来のセンター試験の英語は、筆記による英語をy0. 序文 この記事では、「共通テスト」「センター試験」の違いを分かりやすく説明していきます。

「共通テスト」とは?

大学の「センター試験」に代わる新しい試験方法で、特徴については、英語の採点方法が異なります。

従来のセンター試験の英語は、筆記による英語の文章を読み取る問題を200点とし、リーディングというスピーカーから流れ出る音声を聞き取り正解を導き出す問題は50点でした。

その理由は、英語の文章を読み取ることに重きを置いて試験にかかる時間を短縮する動きが見らえていたため英語をあえて文字さえ読めればそれでよしと考えていたのです。

しかし、そのような考えでは、時代の流れとともに英語を話すことが出来ない学生が量産され、海外に移り住み活動するものが減少することを考え新しく、英語の文章を読み取ること以外に聞き取ることも含め両者を合わせて200点としたのです。

その為、どちらかを捨てて試験を受ければ合格するという甘い考えがなくなったわけです。

「センター試験」とは?

大学の入試を行う場合、自分がどの程度のレベルの大学に入学可能であるかの実力を測定するための一斉テストです。

志望大学ごとに決められた科目を受験し、自分のレベルを見るために行う試験で、この試験の成績が良くとも必ずしも大学試験に合格するのではなく、あくまで周囲のレベルと自分のレベルを知るために行う試験です。

「共通テスト」と「センター試験」の違い

両者ともに大学の入試に関わる試験で、自分のレベルを判断するための試験であることには変わりはないです。

しかし、英語の採点方法が変わり、リーディングとリスニングを合わせ200点としたことからどちらか片方が成績が良ければそれでよしという考えが通用しなくなったのが、「共通テスト」「センター試験の違いです」 ただ、この違いですが大学ごとに配転が異なるため、実際にこのような配転であるかどうかも未知数で要は、両者の違いは難易度が変わり、「共通テスト」の方が難易度が高くなったという認識でよいです。

まとめ

「共通テスト」「センター試験」の違いですが、実は英語の時間が10分増やされているのが「共通テスト」「センター試験」は60分だったりと短いなどの他、「共通テスト」「理科」の選択科目がなくなるという違いがあります。

それらを踏まえて大きく異なるのは英語で、旧来は英語はリーディングを重要視としておりリスニングはあまり重要視していませんでした。

しかし、両者を均等としたことで「共通テスト」は難易度が上昇し、読み書きさえできればそれでよしという問題ではなくなったのです。

つまりは、「共通テスト」の方が難易度が上昇したと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典