スポンサーリンク

「冥界」と「地獄」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冥界」と「地獄」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冥界」「地獄」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冥界」とは?

「冥界」は、死後の世界のことです。

人間は死んだあと「冥界」に行くとされています。

「冥界」と同じような概念に、神道の黄泉・常世・根の国、仏教の彼岸、スピリチュアルリズムの霊界などがあります。

「冥」という漢字には、あの世、死者の行く世界という意味があります。

ワ冠、日、六から成っており、六は両手を意味しています。

両手で光を覆うことを表している漢字です。

「地獄」とは?

「地獄」には、宗教で使われる意味とそれ以外の意味があります。

仏教でいう「地獄」とは、この世で悪いことをした人が死後に行って懲らしめを受ける場所のことです。

キリスト教では、生前に悪いことをした人が死後に行き、永遠の苦しみを受ける場所としています。

「地獄」に行くと救われないとされています。

イスラム教では、不信仰者や不正を行った者が永劫の罰を受ける場所としています。

悪いことをしても信仰者はいつか救われるとされています。

宗教以外の意味では、火山の絶えず煙が出ている場所や、温泉地で絶えず煙や湯気が出ている場所のことを指します。

「冥界」と「地獄」の違い

「冥界」「地獄」は、どちらも死者が行く場所です。

「地獄」は死者の中でも悪いことをした人が行く場所とされています。

まとめ

「冥界」は死者が行く場所、「地獄」は死者の中でも罪人が行く場所のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典