スポンサーリンク

「凍る」と「氷る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凍る」と「氷る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「凍る」「氷る」は、どちらも「こおる」と読みますが、違いを知っていますか。

この記事では、「凍る」「氷る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「凍る」とは?

「凍る」には4つの意味があります。

1つめは、液体が低温のために固体になることです。

冬の朝、外気温が低いと水たまりの液体が固体になりますが、このような状態を「凍る」といいます。

2つめは、外気などがひどく冷たく感じることです。

「凍るように寒い」といった使い方をします。

3つめは、恐ろしさのあまり体が固まることです。

「ぞっとして血も凍る」といった使い方をします。

4つめは、コンピューターが動かなくなってしまうことです。

「氷る」とは?

「氷」という漢字は、こおり・ひ・ヒョウと読みます。

「氷」は常用漢字ですが、「こおる」は音訓表にない読み方です。

しかし、「こおる」と読ませることがあります。

「氷」は水と冫から成る漢字です。

このことからもわかるように、「氷る」には低温のために液体の水が固体になることを意味します。

「凍る」と「氷る」の違い

「凍る」には4つの意味があります。

「凍る」「氷る」の意味で混同されてしまうのは、液体が低温のために固体になるという意味についてです。

「凍る」は4つの意味で使われ、文脈から意味を判断します。

「氷る」は低温によって液体が固体になることです。

まとめ

「凍る」にある意味、液体が低温のために固体になることという意味で「氷る」が使われることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典