「出くわす」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「出くわす」

人はどんな時に驚くでしょうか?驚きの多くは、予想していないことが突然自分に降りかかってきた時に、胸から心臓が飛び出るほどに驚くのではないかと思います。

その中には、誰かと「出くわす」場合も、大きな驚きになってきます。

ここでは、この「出くわす」という言葉にフォーカスを当てて見ていきたいと思います。

「出くわす」の意味

「出くわす」とは、「たまたまばったりと出会うこと」「偶然、遭遇してしまうこと」という意味のある表現です。

長い人生を送っていると、そんな「出くわす」場面が山ほどあるはずです。

「出くわす」の言葉の使い方

「出くわす」とは、言葉の意味からでも分かるように、突然、誰かにあったり、突発的な出来事に巻き込まれたりする場合に使われます。

そのような時にもしかすると、トラブル的なことであったり、逆にハッピーなケースもありますので、いい意味でも悪い意味でも使うことができる言葉です。

「出くわす」を使った例文・短文(解釈)

では、この「出くわす」を使った例文を見ていくことにしましょう。

これらの例文を見ることで、活用シーンを理解してもらえばと思います。

「出くわす」の例文1

「私は以前にも、このようなトラブルに出くわしたことが、今までに何度もありました」

普通なら突発的に起きたトラブルや事件・事故などに出くわすと、思わず面食らって腰を抜かすことになるでしょう。

しかし、いくら突然の出来事でも、似たような経験を何度も繰り返していたのなら、それ以降はあまり驚くことがなくなってきます。

「ああっ、またか?」そんな心境ではないでしょうか?

「出くわす」の例文2

「あまりにも意外な事態に出くわして、何も考えられなくなってしまった僕でした」

このようなケースで何か緊急を要するような事態に出くわしたり、目の前で大きな事故などを見てしまうと、もう何も考えられなくなり、対処することができないと思います。

普段から冷静に振る舞っている人でも、予期せぬ出来事に出くわした時は、その冷静さを保つことは至難の技と言えます。

それだからこそ、普段から色々なことを想定して心の準備をしておく必要があるのでるのです。

とは言うものの、やはり心の準備をすることも並大抵のことではできない難しいことではあります。

「出くわす」の例文3

「今の仕事を10年もやっていると、その手の話に出くわすのは、1度や2度ではありません」

仕事のプロとは、その業界や職種の中で、数多くの経験を積んでいて、突発的なことが起きても、瞬時に判断することができる人のことです。

ビジネスの世界では、想定外のトラブルや問題が発生することは、決して珍しいことではありませんが、普段からありとあらゆる事態に備えて準備しておくことが大切です。

それでも、予想しえないことが起こるのです。

そのようなことに出くわしても、冷静に対処できるのは、やはり場数を踏んで多くの経験から来るノウハウがあるからなのです。

仕事をしている人は、そのような経験を積むように日々、意識しておくことが大切ですね。

仕事のプロを自覚している人は、どんなことが目の前で起きても、どっしりと腰を据えて、待ち構えるくらいの安定感がありますね。

「出くわす」の例文4

「彼女は、まるで天敵に出くわしたかのような目つきで、僕を見ていたのです」

こんなふうに人から睨まれたなら、とても怖くなることでしょう。

それがたとえ美しい女性であっても、天敵に出くわした感じで、鋭い眼光て見られるのであれば、心から震え上がるかもしれません。

美しい女性なのだからと、鼻の下を伸ばしていると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

もし自分に身に覚えのないことなら、サッサと遠ざかっていくことが賢明でしょう。

今は何が起こっても不思議ではない時代なのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典