「分譲賃貸マンション」と「賃貸マンション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「分譲賃貸マンション」と「賃貸マンション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分譲賃貸マンション」「賃貸マンション」の違いを分かりやすく説明していきます。

「分譲賃貸マンション」とは?

「分譲賃貸マンション」とは、本来は分譲マンションなのですが、持ち主が誰かに貸している部屋のことを言います。

つまり他の部屋は分譲マンションとして購入した住人が住んでいることになります。

分譲マンションが賃貸になる理由としては、もともと投資として購入していた、転勤などで自分が住めなくなったから貸すことにした、といったことが多いようです。

通常の「賃貸マンション」に比べて、設備がいい、防犯性に優れている、住人のマナーが良いなどが特徴としてあります。

ですが「分譲賃貸マンション」は物件数自体が少ないですし、家賃が高い傾向、オーナーの都合により短期間しか住めないといったデメリット要素もあります。

「賃貸マンション」とは?

「賃貸マンション」とは、貸し出す前提で建てられたマンションのことを言います。

「分譲マンション」と違って「所有」とはならず、月々の家賃を払って「借りて住む」といったマンションのことを言います。

「賃貸マンション」のメリットは好きな場所に、好きな期間だけ住めるということになります。

例えば住人トラブルなどがあった際、「分譲マンション」ならば購入しているわけですから簡単に引っ越すことはできませんが「賃貸マンション」ならばすぐに引っ越して新しい物件に住むことが可能なのです。

「分譲賃貸マンション」と「賃貸マンション」の違い!

「分譲賃貸マンション」「賃貸マンション」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「借りて住むマンション」という意味では同じなのですが、マンション自体に違いがあります。

「分譲賃貸マンション」とは、基本的に分譲マンションの一室を「借りて住む」ことになります。

持ち主が投資目的で購入した部屋だったり、転勤などで住めなくなった場合などに「分譲賃貸」という形になることが多いのです。

「賃貸マンション」の場合は、最初から「貸し出す」という目的で建てられているマンションとなります。

借りる側からすれば、質の高い分譲物件が賃貸できるのはとてもお得ということになりますが、デメリット要素もありますので、よく考えた上で決めた方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「分譲賃貸マンション」「賃貸マンション」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典