「制約」と「誓約」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「制約」と「誓約」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「制約」「誓約」の違いを分かりやすく説明していきます。

「制約」とは?

「制約」の意味と使い方について紹介します。

「制約」の意味

「制約」「せいやく」と読みます。

意味は「ある条件や範囲を設けて、活動やものごとの動向を抑えつけること、まはたその条件や範囲」です。

「制約」の使い方

「制約」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、人に対して特定の条件や範囲を定めてしまい、自由に活動させない様にすることを言います。

何かされては不都合になる場合や、秩序が乱されてしまうなどの理由により、条件を付けたり限度を定めたりして、相手を縛り付ける時に使います。

2つ目は、限られた範囲内でものごとを成り立たせる為に与えられた一定の条件のことを言います。

条件付きで認められている範囲やルールなどのことを言います。

両方に共通しているのは、「一方的に抑えつけられている」という点です。

「誓約」とは?

「誓約」の意味と使い方について紹介します。

「誓約」の意味

「誓約」「せいやく」と読みます。

意味は「固く誓うこと」です。

「誓約」の使い方

「誓約」は、一方から相手に対して、あるものごとについて固く誓うことを言います。

「絶対にそうします」「絶対にそれをしません」など、かなり厳しく約束する時の表現です。

「誓約」はルールがある場で使われることが多く、会社に入る時に「真面目に働きます」という意味で「誓約書」を書かされることもあります。

「誓約書」は署名捺印するものですが、「契約書」とは違い、法的な効力はありません。

「制約」と「誓約」の違い!

「制約」「ある条件や範囲を設けて、活動やものごとの動向を抑えつけること」です。

「誓約」「固く誓うこと」です。

まとめ

今回は「制約」「誓約」の違いをお伝えしました。

「制約は条件付きで抑えつける」「誓約は固く誓う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典