スポンサーリンク

「創味シャンタン」と「鶏がらスープの素」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「創味シャンタン」と「鶏がらスープの素」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理好きの人にとって欠かせないのが、中華風のスープの素。

この記事では、「創味シャンタン」「鶏がらスープの素」の違いを分かりやすく説明していきます。

おいしい料理のツボを学んでください。

スポンサーリンク

「創味シャンタン」とは?

創味シャンタンは、人気の中華スープの素のこと。

明石家さんまさんのCMでおなじみの商品です。

作っているのは京都市に本社がある、創味食品というメーカーさんです。

創味シャンタンの「シャンタン」とは「上湯」のこと。

極上のスープという意味があります。

もともとこのブランドは業務用としてデビューしたのですが、あまりの美味しさから一般の商品として発売されるようになりました。

原材料には玉ねぎやにんにくなどの野菜エキス、そして数種のスパイスがブレンドしてあります。

中華のプロも愛用しているだけあって、炒飯や野菜炒め、カレーの隠し味と毎日の料理につかえます。

1本持っていると便利な、王道の中華スープの素です。

「鶏がらスープの素」とは?

鶏がらスープの素も、日本で売れている中華スープの素。

渡辺直美さんのCMで、お茶の間の話題となっている商品です。

メーカーは、クノールやほんだしでお馴染みの味の素です。

鶏がらスープの素はその名の通り「鶏のガラ」で作ったスープの素です。

鶏のガラとは、鶏の骨のこと。

血合いやえぐみをキレイに取りのぞいた鶏骨には、旨みがギュッとつまっています。

味の素ではおいしい鶏骨とチキンをグツグツ煮込み、おいしい所をスープの素にしています。

原材料にはチキンエキスや野菜エキス、こしょうなどがはいっています。

あっさりしているのに深い味わいもあるので、中華スープのほか、ナムルやそうめんの付けダレとしても利用できます。

和洋中の応用がきかせやすい、優秀な中華スープの素です。

「創味シャンタン」と「鶏がらスープの素」の違い

どちらも中華スープの素のため、売り場で迷うこともあります。

「創味シャンタン」「鶏がらスープの素」の違いを、分かりやすく解説します。

・粉末とペースト

「創味シャンタン」「鶏がらスープの素」は、どちらも本格的に中華料理がつくれるスープの素になります。

創味シャンタンは粉末タイプとペーストタイプがあるのに対して、鶏がらスープの素は粉末タイプのみ。

好みに合わせて選びやすいのは、創味シャンタンです。

また中華スープ以外にも、色々なアレンジをきかせやすいのが鶏がらスープの素。

シンガポール風のチキンライスや、無限ピーマンなど、ユニークなアレンジ料理を自在につくれます。

プロ仕込みの、本格的な中華料理を作りたい人は創味シャンタン。

お料理ビギナーや、多国籍の料理が作りたい人は、鶏がらスープの素がおすすめです。

まとめ

「創味シャンタン」「鶏がらスープの素」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもおうちにあると便利な、人気の中華スープの素です。

プロ風の中華料理が作りたいなら創味シャンタン。

アレンジレシピを楽しみたいなら鶏がらスープの素がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典