スポンサーリンク

「助けてクレメンス」とは?意味や使い方など概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「助けてクレメンス」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「助けてクレメンス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「助けてクレメンス」とは?意味

「助けてクレメンス」は、インターネットの匿名掲示板で生み出された一つのネットスラングというインターネット上で流行した用語です。

意味は、助けてくれという意味に当たりますが、クレメンスという意味は、元プロ野球選手のロジャー・クレメンスさんがこの流行語のもととなった人物になります。

実は、インターネット上で生み出された流行用語には、物などの名前をさりげなく入れるものが多く、例えば、「詳細キボンヌ」などの他、「許してちょんまげ」などに「許してヒヤシンス」など様々な物があります。

「助けてクレメンス」の概要

「助けてクレメンス」が登場したのは、インターネット匿名掲示板の何でも実況というスレッドで困ったことが起きて助けてほしいと訴えたものが始まりであるとされています。

この言葉は、挑発的な意味ではなく、親しみを込めて周囲に助けを求める際に使用される用語として定着していますので、現在では助けてほしいことを懇願している物を指すことが多いです。

また、「助けてクレメンス」と言い、助けを待っている物に対して、断る方法も存在しているため「助けてクレメンス」と呼び、ネット低地盤で周囲に助けを求めても断られることもあるので注意が必要になります。

「助けてクレメンス」の言葉の使い方や使われ方

「助けてクレメンス」の言葉の使い方は、自分が困っている際、インターネット掲示板を通して問題を解決する場合に使用します。

あくまで、インターネット掲示板で問題を解決する方法を探す場合に使用するのが望ましく、日常でこの言葉を使用したところで、インターネットの匿名掲示板をあまり見ない人からすれば何を言っているかが分からないと言われる可能性もあり、ダジャレの一種なのかなと誤解されることもあり、助けてほしいのかさえ分からないと思われるのです。

これについては仕方のない部分があり、匿名掲示板において、助けてくれと言えば、偉そうに見えるなどマイナスの部分が表面化しやすいが故、親しみを込めて助けてくれという必要があるが故にこのような問題が生じてしまい、日常生活では使用できない言葉となったのです。

「助けてクレメンス」の類語や言いかえ

「助けてクレメンス」の言いかえは、「許してクレメンス」があり、こちらは許してほしいことを懇願する場合に使用します。

類語については、「halp」という技と文字を間違えて助けてと記す方法がネットスラングとして存在しており、こちらも親しみを込めて助けてくれという意味になります。

まとめ

インターネットで助けを求める際、いかに相手に好感を持たせるかが重要で場を和ませたうえで相手から助けを得る方法として生み出された用語が「助けてクレメンス」になるのです。

逆を言えば、そこまでしないとインターネット上では助けを出しても誰も手助けをせず、むしろ、助けを求めた側を偉そうであるということを理由に攻撃するためネット上で第3者に助けを求めるのは至難の業であるということがうかがえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典