スポンサーリンク

「勉強する」と「学ぶ」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勉強する」と「学ぶ」の英語の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勉強する」「学ぶ」の英語表現の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勉強する」の英語表現

「勉強する」の英語表現は「study」で意味は以下の通りです。

1つ目は「~を学ぶ」「勉強する」という意味で、机に向かって学習することを言います。

2つ目は「研究する」「詳しく調べる」という意味で、専門的に追及することを言います。

3つ目は「~を暗記する」「練習する」など、重要なことを覚えることを言います。

4つ目は「~に心を遣う」「~を配慮する」という意味で、熟考することを言います。

上記に共通するのは「自分で努力して学習する」という意味です。

「勉強する」の英語表現の使い方

「study」「~を学ぶ」「勉強する」「研究する」「~を暗記する」「~に心を遣う」などの意味で使われます。

自動詞・他動詞として使われたり、名詞として「勉強」「勉学」「学習」「研究」「考察」「調査」「研究課題」「配慮」「目標」などの意味で使われ、「セルフスタディ」と日本語にもなっています。

基本的に、机に向かって参考書を開いたり、研究したりなど、知識を覚える時に使われる言葉です。

「学ぶ」の英語表現

「学ぶ」の英語表現は「learn」で意味は以下の通りです。

1つ目は「学ぶ」「覚える」という意味で、学問の知識を身に付けることを言います。

2つ目は「習う」「教わる」という意味で、人から知識を授かることを言います。

3つ目は「~を知る」「聞く」という意味で、色々と経験することを言います。

4つ目は「~出来るようにする」という意味で、技能を身に付けることを言います。

上記に共通するのは「知識や技能を身に付けること」という意味です。

「学ぶ」の英語表現の使い方

「learn」「学ぶ」「覚える」「習う」「~を知る」「~出来るようにする」などの意味使われます。

自動詞・他動詞として使われ、「〇〇ラーニング」と日本語にもなっています。

基本的に、実際に経験して智識や技能を身に付ける時に使われる言葉です。

「勉強する」と「学ぶ」の英語表現の違い

「勉強する」の英語表現は「study」です。

「学ぶ」の英語表現は「learn」です。

「勉強する」の英語例文

・『I studied hard. 』(必死で勉強した)
・『I have to study math. 』(私は数学を勉強しなければならない)
・『You should have studied about it. 』(君はちゃんと学習するべきだよ)

「学ぶ」の英語例文

・『I learned English conversation. 』(英会話を身に付けた)
・『She learns very fast. 』(彼女は覚えが早い)
・『I want to learn how to swim. 』(泳ぎ方を学びたい)

まとめ

今回は「勉強する」「学ぶ」の英語表現の違いについて紹介しました。

「勉強する」「study」「学ぶ」「learn」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典