スポンサーリンク

「動線」と「導線」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動線」と「導線」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動線」「導線」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

最初は「動線」の意味から、取り上げていきます。

スポンサーリンク

「動線」とは?

最初に「動線」(どうせん)の意味をご説明致します。

「動線」とは建築のジャンルにおける、都市計画で人や車などの動きを示し出している線のことです。

この線によって、何処に何が建つかなどが決まります。

「導線」とは?

次に「導線」(どうせん)の意味を解説していきます。

「導線」の場合は電流を流す際に、用いられる金属で作られた導体を指しております。

分かりやすくいいますと、電線(でんせん)のことです。

「動線」と「導線」の違いとは?

この項目においては、「動線」「導線」の違いを取り上げてみましょう。

「動線」は都市計画で、人の動きや車の動きを示している線のことになります。

「導線」の場合は、電流を流すときに使う金属製の導体のことです。

以上が違いとなりますが、前者についての補足としては人の動きや、車の動きに対して方向や人や車のアクセス頻度、時間などが表されます。

これらのデータを元にして、商業施設などが建設されるのです。

「動線」と「導線」の使い方の違い

ここでは「動線」「導線」の使い方の違いを説明します。

「動線」を使うときは、人や車の動きなどを指す線を表す必要があるときに使います。

「導線」を使う場合は、電線に関連することならば何でも表現できます。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方
「動線を用いてから、データを集計します」
「動線はビジネスにおいても、非常に大切な役割を果たしております」
後者の使い方
「これから導線の工事に入ります」
「導線が破損したとの連絡が入り、大至急修理へ向かっている最中です」

「動線」を使った例文

それでは「動線」を使った例文を書いていきます。

・『動線のデータにより、デパートが建設されることになりました』
・『動線を見てみると北方に駅があるため、人が集まりやすい傾向があるようだ』
・『この道路は狭いので、動線には交通量が反映したのだろう』
・『動線によると夜の21時には、この地域へのアクセス数はグンと減るらしい』
・『建築家は動線については、詳しいだろう』

「導線」を使った例文

最後の項目において、「導線」を使った例文を書きます。

・『導線はデリケートなので、衝撃などを与えないよう注意してください』
・『導線を伝って電気が流れるので、決して触らないようにしてください』
・『原因不明だが導線から、火が出てしまったようだ』
・『警報機が不調だったようなので、導線を調べます』
・『導線には高圧の電流が流れている』

まとめ

まとめとして「動線」とは、都市計画において人の移動や車の移動を、示す線です。

もちろんですが、数の方も出してくれます。

「動線」は都市計画の、目安として用いられています。

「導線」の場合は、電流が流れるときに使われる金属製の、導体のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典