スポンサーリンク

「勝ったな(確信)」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勝ったな(確信)」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勝ったな(確信)」の意味を分かりやすく説明していきます。

それでは「勝ったな(確信)」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「勝ったな(確信)」とは?意味

最初に「勝ったな(確信)」の意味をご説明致します。

「勝ったな(確信)」の意味とは、例えば相手と勝負をした際に、決着が着く前に自分の心の中で、「これは勝てる」「こちらが勝てる」と確信したときなどを指す言葉となります。

「勝ったな(確信)」の概要

次は「勝ったな(確信)」の概要について解説していきます。

「勝ったな(確信)」の概要としては、基本的に勝負をしたときに、勝負が終わる前に「勝てる」と確信したときに使う言葉です。

そして、文末に()をつけることで、より状況が分かりやすく伝えられるというものになります。

したがって、「勝ったな(確信)」というのは、確実に勝てる見込みがある場合を指しているのです。

「勝ったな(確信)」の言葉の使い方や使われ方

この項目においては、「勝ったな(確信)」の言葉の使い方や使われ方を取り上げます。

「勝ったな(確信)」を使う場合は、勝負をした際に、「こちらが確実に勝てる」「勝った姿しか見えない」という場合に使うことが一般です。

ここでは「勝ったな(確信)」の使い方や使われ方を、例文を用いて書いていきます。

「勝ったな(確信)」の使い方や使われ方(例文) ・『取引先との商談をした際に、あちらがきちんと話を聞いてくれたので内心、勝ったな(確信)と思いました。現に商談を取りまとめて、契約を取れました』
・『僕は財産がないけれど、成金の知人が「あれも買った」「これも買った」と自慢してくる姿を見て、彼は人として大切なものを失ったように思えました。したがって人間的に勝ったな(確信)と感じたのです』
・『敵軍に前日までの勢いが今日は見られなかったので、この勝負は勝ったな(確信)と思いました。そして、現実に勝つことができました』
・『友人がテスト勉強してこなかったということを聞いて、今日は勝ったな(確信)と思ったものの、地頭がいい友人には勝てませんでした』
・『早食い競争していると、相手が水を飲んだときに、勝ったな(確信)と思えました。結果としても、勝つことができましたので、大満足です』

「勝ったな(確信)」の類語や言いかえ

最後の項目では、「勝ったな(確信)」類語や言いかえを解説します。

「勝ったな(確信)」の類語・言いかえとしては、「勝った」「やった」「やったぜ」「やりぃー」「軍配が上がる」「勝利」「勝つ」「この勝負いただいた」などが「勝ったな(確信)」の類語や言いかえとして成立します。

意味の方も、「勝ったな(確信)」と殆んど同じとなります。

まとめ

まとめとして「勝ったな(確信)」とは、勝負しているときに、決着が着く前になって自分の心の中で、「この勝負は勝った」「勝てる」と確信できたときに使う言葉となります。

「勝ったな(確信)」を使うことで、より状況が分かりやすくなる効果があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典