「勝機」と「勝ち目」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勝機」と「勝ち目」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勝機」「勝ち目」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勝機」とは?

「勝機」の意味と使い方について紹介します。

「勝機」の意味

「勝機」「しょうき」と読みます。

意味は「その時積極的に行動することにより生じる、相手を打ち負かすきっかけのこと」です。

「勝機」の使い方

「勝機」は、戦争や勝負などで、ある時に積極的に行動することにより生じる、相手を打ち負かすきっかけのとを言います。

あることをきっかけに一気に流れが変わり、相手に勝てる手ごたえを感じた時に使われます。

「勝」「相手を負かす」という意味、「機」「きっかけ」「兆し」という意味、「勝機」「相手を負かすきっかけ」になります。

「勝機を掴む」は、ここ一番と言う時に、自分で積極的に行動してきっかけを作る時に使われます。

「勝ち目」とは?

「勝ち目」の意味と使い方について紹介します。

「勝ち目」の意味

「勝ち目」「かちめ」と読みます。

意味は「相手を打ち負かしたり、成功する見込みのこと」です。

「勝ち目」の使い方

「勝ち目」は、勝負している時に、相手を打ち負かしたり、成功する見込みのことを言います。

「これなら相手に勝てそう」「勝てる可能性がある」という時に使われます。

「勝ち目」は、元は囲碁から来ている言葉と言われ「そこに打てば勝てる可能性が高い目」という説があります。

「勝ち目がある・ない」は、「勝てる可能性がある・ない」という意味で使われます。

何かのきっかけや根拠がある訳ではなく、単純に「これなら勝てそうか、そうでないか」という意味です。

「勝機」と「勝ち目」の違い!

「勝機」「その時積極的に行動することにより生じる、相手を打ち負かすきっかけのこと」です。

「勝ち目」「相手を打ち負かしたり、成功する見込みのこと」です。

まとめ

今回は「勝機」「勝ち目」の違いをお伝えしました。

「勝機はきっかけ」「勝ち目は見込み」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典