スポンサーリンク

「卒倒」と「失神」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卒倒」と「失神」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卒倒」「失神」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卒倒」とは?

「卒倒」「そっとう」と読みます。

「卒」という漢字は、「おわる」「おえる」「にわかに」「あわてる」という意味があります。

「倒」には「立っていたものが地にふす」「ひっくりかえる」「立ちゆかないでつぶれる」「上下・位置が反対になる」「さかさま」といった意味を持っています。

この2字から構成される「卒倒」には「急に意識を失って倒れること」という意味になります。

他にも「卒倒」には「意識がなくなり戻らない」という意味も含まれています。

「失神」とは?

「失神」「しっしん」と読みます。

「失」の字には、「手からはなす」「なくす」「うしなう」という意味があります。

そして「神」は、「人知を越えてすぐれた、尊い存在」「人間を超越した宗教的な存在」「人間の知恵で測り知れない不思議な力がある」といった意味を持っています。

「失」「神」で構成される「失神」「正気をうしなうこと」「喪心(そうしん)」「気絶」という意味になります。

「喪心」とは「身体から魂や気力が抜けたように、ぼんやりとすること」です。

「失神」とは「意識が一時的になくなった状態」のことをいいます。

「卒倒」と「失神」の違い

「卒倒」「失神」も意識をうしなうことには変わりありません。

違いを分けるポイントは2つあります。

一つは立っている状態から倒れるか、そうではないのかです。

もう一つは意識を失っている状態が一時的なものなのか、そうではないのかです。

「卒倒」は(脳震盪などを原因として)「立っている状態から急に意識を失って倒れること」です。

一方「失神」とは前述したように「意識が一時的になくなった状態」のことです。

「失神」「卒倒」も意識がなくなるという点は共通しています。

ですが「失神」は倒れるか否かはわかりません。

また、「失神」は一時的に意識をうしなう状態のことですが、「卒倒」の場合は一時的なものとは限りません。

「卒倒」の例文

・『彼女はそのニュースを聞いて卒倒した』
・『彼は暑さで卒倒し気を失ってしまったが、奥さんの辛抱強い看病のおかげで正気を取り戻すことができた』
・『血を見るだけで卒倒してしまうほど繊細』
・『普通の女性だと卒倒するであろうことを、彼女は平気で行う』

「失神」の例文

・『彼女は失神しそうに見えました』
・『彼女は恐怖で失神した』
・『天井に頭をぶつけて 失神した』
・『失神の原因となる 器質的な病変はありませんでした』

まとめ

以上が「卒倒」「失神」の違いになります。

「卒倒」とは「立っている状態から急に意識を失って倒れること」

そして「意識がなくなり戻らない」という意味も含んでいる。

「失神」「一時的に意識がなくなった状態」のことです。

「卒倒」は倒れる、「失神」は倒れるとは限らないというところが違いを分けるポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典