「卓越」と「超越」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卓越」と「超越」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卓越」「超越」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卓越」とは?

「卓越(たくえつ)」とは、「他の人・物と比べてはるかに優れていること」「他よりも非常に勝っているさま・優秀なさま」を意味している言葉です。

「卓越」「卓」という漢字そのものに「他よりも優れている・他よりも高い」といった意味合いが備わっていて、「卓絶(たくぜつ)・卓抜(たくばつ)・卓然(たくぜん)」といった類義語があります。

例えば、「彼のボクサーとしての技術は卓越しています」「卓越した知性とアイデアを活用して、彼は研究者としての実績を上げてきました」などの例文で使えます。

「超越」とは?

「超越(ちょうえつ)」とは、「普通に想定される上限や枠組みをはるかに超え出ていること」を意味している言葉です。

「超越」の表現には、「他と比べ物にならないくらいに優れている・抜けている」といった意味合いもあります。

例えば、「老僧は世俗を超越した価値観を持っていました」「法律を超越した主観的な判断には犯罪を正当化する危険があります」などの文章で使用されます。

「卓越」と「超越」の違い!

「卓越」「超越」の違いを、分かりやすく解説します。

「卓越」「超越」「他のものよりとても優れていること・はるかに程度(水準)が高いこと」を意味している部分では似ていますが、「卓越」「他のものや人と比べたときに、はるかに抜けて優れていること」に意味の重点が置かれています。

「超越」にも「卓越」と同じ「他のものより非常に優れている」の意味はあるのですが、「超越」という表現は「普通に(常識的に)考えられる程度や水準をはるかに超えている」の意味のニュアンスが強くなっている違いを指摘できます。

例えば、「神は人間を超越した存在です」の文章を、「神は人間よりも卓越した存在です」に言い換えると、「神の存在・能力などが人間と比較可能なもの(神は人間と比較してはるかに優れている)」という意味合いに変わってしまうのです。

まとめ

「卓越」「超越」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「卓越」とは「他の人・物と比べて非常に優れていること」を意味していて、「超越」「普通に想定できる枠組み・上限をはるかに超えていること」を意味している違いがあります。

「卓越」「超越」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典