スポンサーリンク

「即席で作る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「即席で作る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「即席で作る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「即席で作る」とは?意味

「即席で作る」とは、その場ですぐに作ることを意味し、いわば、簡単にできるものをその場でくみ上げることです。

つまり数分で構築することができなければ、即席という即座に席を作り出すという本来の意味にならず、手間と時間をかけてしまうと「即席」という手軽さを意味する言葉から外れてしまいます。

その為、「即席で作る」とは、手軽さを持つ物を作り上げることです。

「即席で作る」の概要

「即席で作る」は意味においては、手軽に作り上げることが可能なものであるめ、即席とある物を利用する側は便利なものを使用して作り上げるか、ありあわせで作り上げたものを意味します。

ですが、即席を使われる側、要は利用者側は、その物を便利であるとみなすかどうかは別問題で、即席には問題もあり、間に合わせで作り上げたが故機能面や本来あるべく性能が無いケースもあり、快適性もありません。

その為、言い方を悪く言えば不要品や使い道が見いだせなかったものを組み合わせて何とか形だけは整えたものを「即席で作る」と呼ぶのです。

ですので、椅子であれば、快適性はない物としてみて、とりあえず座ることができるがそれ以上の機能を合わせておらず、リクライニングのような機能も持たない物を作り上げたことを意味します。

「即席で作る」の言葉の使い方や使われ方

「即席で作る」は、便利なものを使用して作り上げる場合、即席ラーメンなどを「即席で作る」と呼び、ありあわせで作り上げる場合も同様に「即席で作る」と呼び、機能面や快適性を度返ししてとりあえず表面上繕ったものに対して使用します。

「即席で作る」を使った例文

・『インスタントコーヒーを即席で作る』
この例は、インスタントコーヒー自体が即席で簡単にその場で作り出すことができるコーヒーなので、便利なものを使用して作り出すものを指します。

この例の即席は便利なものを意味し、短時間で物として機能することです。

・『座席が足りないので即席で座席を作る』
この例は、椅子が足りないため、ありあわせで短時間で椅子を作るという例です。

この時、便利なものを使用する場合パイプ椅子になり、一から椅子を作るとなれば、廃材を用いて短時間で無理やり椅子を作ることを意味します。

まとめ

「即席で作る」の即席ですが、意味が二つありまして、一つが手軽に作り出すことにあり、もう一つが間に合わせで作り出すことです。

その為、手間をかけないのは即席ラーメンのように手軽さを売りにしたものを使用することにあり、「即席で作る」は手軽さを見出す商品を使用して作ることを意味します。

しかし、もう一つの意味は、間に合わせという意味が即席にはあり、「即席で作る」は間に合わせ品で作るという意味もあるのです。

この間に合わせですが、早い話が廃材や使い道がなかったものを使用することの他、使えそうなものを駆使してそれらしく見えるようにすることにあり、こちらの意味であれば、多少なりとも時間をかけてそう見えるものを構築する手作り品を意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典