スポンサーリンク

「厳禁」と「禁止」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厳禁」と「禁止」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厳禁」「禁止」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「厳禁」とは?

「厳禁」とは、厳しく禁止するといった意味になります。

通常の「禁止」よりもさらに度合いが強く、何が何でも絶対に駄目であるといった意思が読み取れる言葉です。

「遅刻厳禁」「立ち入り厳禁」「平日の飲酒を厳禁する」などと、使います。

「禁止」とは?

「禁止」とは、してはいけないと命じることを言います。

「夜間の外出は禁止」と言えば、夜間に外に出てはいけないという命令なのです。

「立ち入り禁止」「ここで喫煙することは禁止する」などと使います。

「厳禁」と「禁止」の違い!

「厳禁」「禁止」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「してはいけない」という命令であることは同じです。

命令を守る人から見れば、どちらを使われても意味合いとしては同じでしょう。

ですが「厳禁」の方が、「禁止」よりも「厳重に」といった意味がありますので、度合いとしては強い印象を与えることができます。

「厳重」とは厳しく事に当たるということですので、もしも禁止を破れば、厳しい罰があるといったニュアンスも含むでしょう。

まとめますと「厳禁は厳重にしてはいけないと命じること」「禁止はしてはいけないと命じること」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「厳禁」「禁止」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも同じ意味を持っていますが、「厳禁」の方が絶対的で厳しいといった印象があります。

それぞれの言葉の意味を正しく理解してふさわしい方を選び使うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典