スポンサーリンク

「収監」と「拘禁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「収監」と「拘禁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「収監」「拘禁」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「収監」とは?

最初は「収監」(しゅうかん)の意味をご説明致します。

「収監」とは、基本的に罪人を、刑務所や拘置所に収容することを表しております。

「拘禁」とは?

次は「拘禁」(こうきん)の意味を解説していきます。

「拘禁」の場合は、受刑者や被告人とされる人間を、刑務所などの警察施設に、長期間に渡って、自由を拘束することなどを表現するときに使います。

「収監」と「拘禁」の違いとは?

ここでは「収監」「拘禁」の違いを取り上げてみましょう。

「収監」の場合は、罪が決まった者を、刑務所・拘置所に収容することを表しております。

そして、「拘禁」の方は、容疑者などの罪人を、拘置所などの留置施設に、長きにわたり自由を奪うことなどです。

「収監」と「拘禁」の使い方の違い

続いて「収監」「拘禁」の使い方の違いを解説します。

「収監」を使うときは、罪人を警察の収容施設に収容したときなどに使うことが一般的でしょう。

また、「拘禁」とは、被疑者などを警察の管理下にある、留置施設へ入れ、長く自由を奪う生活させることなどを表現するときに使います。

それぞれの使い方を見てみます。

前者の例文

「刑務所に収監されて5年になる」

後者の例文

「罪人を拘禁している」

「収監」と「拘禁」の英語表記の違い

この項目では、「収監」「拘禁」の英語表記の違いを解説します。

「収監」を英語にすると、“Imprisonment”になります。

「拘禁」の場合、“Detention”です。

それぞれの例文を書きます。

前者の例文

「After being arrested, he was imprisoned in jail」(逮捕されてから、刑務所へ収監されました)

後者の例文

「Seems to be detaining hostages」(人質を拘禁しているようだ)

文法的に、“detaining”を使いました。

「収監」を使った例文

ここでは「収監」を使った例文を書いていきます。

・『義弟が拘置所に収監されたらしいので、面会へ行ってみる』

・『収監されていた刑務所から、脱獄したらしい』

・『罪人を収監している施設が近場にある』

・『刑務所に収監されている人の力になりたいと、慰問へ行ったらしい』

・『収監されてから20日目には出られるはずだ』

「拘禁」を使った例文

最後に「拘禁」を使った例文を書きます。

・『若い女性を拘禁しているようなので、すぐに警官隊を突入させよう』

・『死刑囚は精神に異常があるようなので、しばらく拘禁する』

・『拘禁されるほどに暴れた容疑者がいる』

・『拘禁されてから、更生したのか、非常におとなしいのだ』

・『手に負えない容疑者は、拘禁する必要があります』

まとめ

まとめとして、「収監」とは、罪人を刑務所などに収容することを表しております。

また、「拘禁」の場合、長い期間にわたって、被疑者などを警察の留置施設で自由に制限のある生活することです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典