スポンサーリンク

「取り急ぎお礼まで」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「取り急ぎお礼まで」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「取り急ぎお礼まで」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「取り急ぎお礼まで」とは?意味

急いでいるので丁寧なお礼はできませんが、とりあえず感謝を伝えます、といった意味です。

「取り急ぎ」はいそぐを強めた言葉で、早くやろうとする、早く何かを成し遂げるために行動するという意味があります。

「お礼」は感謝の気持ちを表す語です。

ありがたい気持ちを表します。

「まで」は、物事がそれ以上に及ばないことを表します。

たとえば「気に入らなければ断るまで」といった使い方をします。

この場合は、気に入らない場合は「断る」という行動をするだけだ、断る以外の行動はしないといった意味になります。

こういったことから「取り急ぎお礼まで」とは、急いでいるけれど、お礼だけをしておきます、といった意味になります。

「取り急ぎお礼まで」の概要

ありがたいことをしてもらったときには、お礼をするのがマナーです。

丁寧なお礼をすれば、相手は喜ぶことでしょう。

しかし、急いでいると丁寧にそれができないことがあります。

そんなときに使われる言葉です。

仕事のことで説明をします。

Aさんは他部署に資料を請求しました。

この資料がないと仕事が進みません。

この資料は重要な役割を持っており、Aさんにとって資料を届けてもらえることは、大変ありがたいことです。

そして、Aさんが留守にしている間に資料が他部署から届きました。

これで仕事が進むのでAさんは助かり、しかもすぐに届けてくれたので大変感謝をしています。

お礼をしたいところですが、Aさんは今忙しくて、お礼をしにいくことができません。

だからといって、何も言わないのは失礼です。

そこで、とりあえずお礼の言葉だけをメールで伝えることにしました。

そのときに「取り急ぎお礼まで」という言葉を使いました。

今急いでいるのでしっかりとしたお礼はできないけれど、とりあえずお礼の言葉を述べておきます、といった意味です。

「取り急ぎお礼まで」の言葉の使い方や使われ方

手紙やメールで使われる言葉です。

話し言葉では使用しません。

今目の前に相手がいるなら、丁寧にお礼ができます。

この言葉は、手短に連絡したい場合に使うことが多いです。

「いちおう」「とりあえず」「しっかりではないけど」という意味合いがあり、目上の人に対して使用すると失礼にあたります。

また、長文のメッセージとともには使用しません。

急いでいるときには、長文を書く暇などないでしょう。

それにもかかわらず、長文のメッセージと共にお礼をするのはおかしいです。

「取り急ぎお礼まで」の類語や言いかえ

「略儀ながら、お礼申し上げます」が似たような意味の言葉です。

略儀は正式の手続きの一部を省いたものを意味します。

申し上げるは丁寧な言葉です。

まとめ

お礼をしたいけれど、今は急いでいてしっかりとはできない、そんなときに使われる言葉です。

使う人を選ばないと失礼になるので、注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典